漫画「異世界剣王生存記」97話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「異世界剣王生存記」原題・이계 검왕 생존기

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「異世界剣王生存記」97話のネタバレ

光輝はソレの頭部を破壊したが、スノーは、頭部を攻撃してはだめだ、それは既に中身がないと叫ぶ。

それの腹が破れると、翼をモチーフにした人間型の天使が、一瞬で光輝の背後に回り込んだ。

光輝はすぐに剣を振ったが、相手は避け、アーティス達の近くに立った。

その人間型天使を間近で見たアーティスは、あまりのレベル差に呆然とする。

アーティスは光輝の声で正気に戻ったが、エピルは震えが止まらず立てそうになかった。

スノーは、あのエルフを吸収したことで知能が芽生え、不必要な部分を捨てて人間型になったのだろうと説明する。

そして攻撃も鋭いものへと変わったので、モンスター相手だとは思えなくなった。

腕に生えている翼に、光輝のようにオーラを流し込んで硬化させ、剣のように振るった。

さらに、攻撃スタイルは、光輝の真似をしていた。

人間型天使は、光輝の攻撃を避けて光輝の顔を蹴ると、ホリゾンタルという光輝の技を使った。

そして光輝の必殺技バーチカルを放とうとする。

だが、ドラゴンに戻ったアーティスの火炎魔法で、人間型天使が吹っ飛んだ。

アーティスの頭の上には、スノーや、アーティスの杖を操作するエピルもいたので、光輝は、何故逃げなかったのかと叫ぶ。

彼女たちは、ここで逃げてもソレが外部にでたら結局終わりだから、光輝が勝つこと以外方法がない最善を選んだのだと、残って戦うことを選んだのだった。

すると、頭部に生えた翼で顔を覆っていたソレの顔が露わになり、邪魔をするなと喋った。

そしてアーティス達に向かってクロス・インパクトを放った。

光輝は止めようと急いだが、腹部の傷のせいで間に合わず、アーティス達に十字の攻撃がさく裂し、杖やアーティファクトが粉々になった。

その頃、次元の隙間の外にいたキビエは、とてつもない力を持った何者かが急速に接近していることに気づく。

そして空中に現れたその人物を見て、目を見開くのだった。

漫画「異世界剣王生存記」97話の感想

第二王子を吸収したことで、大型天使が予想外の進化を遂げました。最後まで迷惑な王子ですね。

第二王子の知性を身に着けたことで、無駄な部分を捨て、光輝の真似をし始めました。クロス・インパクトまで習得しました。かなりの吸収スピードですね。

あの場では光輝ぐらいしかまともに戦える者がいなくなってしまいました。その光輝ですら、危うい状況です。

アーティスやエピルは、天使のクロス・インパクトが直撃したようですが、大丈夫だったのでしょうか。

キビエの所に、緑のオーラをまとう何者かがやってきましたが、ようやくホーリーエンが到着したのかもしれませんね。ホーリーエンの到着の方が早く、アーティス達が無事だといいのですが。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください