漫画「盗掘王」227話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」227話のネタバレ

荒縄を失った遼河は、トカゲに追い詰められる。

すると、助けが必要なようだという声とともに、カラスが助けにやってきた。

カラスは荒縄も吐き出させる。

遼河がなんとか逃げ出すと、この先の分かれ道は右に行くようにというウィンドウが出た。

システムの道案内に従って、遼河は荒縄とともに走り続けた。

トカゲからかなり離れたので、歩きながら進もうとしたら、真っすぐ進めという案内がでた。

遼河は、だが右に向かうと言うので、システムは、真っすぐ進めば幸運を手に入れることができると、真っすぐ進むように念押ししてきた。

遼河は、過去で死んだ墓と同じオーラを放つ方には向かいたくなかったのだ。

遼河が右へ進もうとすると、天井が崩れ、右へは進めなくなった。

カラスは、再度直進を勧めるのだった。

一方、柳とイリヤは、サリエリの騒音で難を逃れた。

二人は森の中を進み、洞窟へたどり着く。

王クラスの実力を持つ柳は、洞窟に漂うオーラが、死ぬ前に使ったことがあるものと一緒だと気づいた。

イリヤが、前世で柳が秘宝を使ったことがあるなら攻略法を知っているのではないかと言うと、あのときは遺物を1つ残して全て没収されるルールはなかった、墓の形も違うと、柳は話す。

ただ洞窟内は前世のものと似ている気がするので、前に使った遺物を発見できればこの状況を切り抜けるかもしれないと言う。

そのように柳とイリヤで話し合っていると、三橋が現れた。

柳はサリエリを使い、三橋を攻撃するのだった。

漫画「盗掘王」227話のネタバレ

遼河のピンチをカラスが助けてくれましたが、その後は、なんとかして契約させようとカラスは必死でしたね。

トカゲもなんとか遼河と契約がしたかったようで、候補者の取り合いとなっていました。

支配力がズバ抜けているアイリーンを、早々に確保できた千年狐は運が良かったですね。

遼河はカラス狙いでしょうけど、さすがに過去で死んだ場所には向かいたくなかったようです。

遼河に匹敵する実力を持つのは三橋ですが、彼女もとうとう洞窟に到着してしまいました。

柳がサリエリで追い払おうとしていましたが、三橋が相手では、失敗しそうな気がします。助けがくると良いのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください