漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」101話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」101話のネタバレ

いい雰囲気になって、ワイン味の口づけをする二人。

カナリアは、セザールが酔っていると思い、この指何本に見えるかと、指を数えさせようとする。

セザールはカナリアを持ち上げ、場所を入れ替わり、自分の上に座らせた。

カナリアは、セザールが元気になって良かったと思う。

そして、彼を必ず皇帝にしてみせると決意するのだった。

カナリアとセザールは、グレイシーの爵位継承を祝うパーティーに出席する。

グレイシーのダンスパートナーとして、ラヤも招待されていた。

カナリアは、今日出席する貴婦人の情報を頭に叩き込み、プレゼントも用意していた。

やる気に満ちたカナリアとグレイシーを、セザールとラヤは唖然としながら眺めていた。

すると、ラスティ伯爵家長女セリアナ嬢が、以前会ったことがあると言い、ラヤに声をかけてきた。

セザールのもとに戻ったカナリアは、ラスティ伯爵家は最近ファーンハム家と親しいから、必ず味方にしなければならない家門の1つだと話す。

ラヤはセリアナ嬢を知らないが、彼女はラヤを知っているようなので、ラヤに気があるようだ。

ラヤはセリアンア嬢との話を切り上げ、グレイシーの所に戻ると、私をダンスしたいようだがどうしましょうかと、彼女に尋ねる。

グレイシーは、自分とのダンスは形式上すればいいだけ、妃殿下の話ではラスティ家は味方にしなければならない、むしろいい機会だと答えた。

ラヤは納得いかなそうな表情だったが、わかりましたと言い、セリアナ嬢の所に戻った。

グレイシーは、挨拶周りにいこうとカナリアを誘い、カナリアもやる気満々で応じた。

それらの様子を見ていたセザールは、本当にこれでいいのかと首を傾げるのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」101話の感想

カナリアのドレスが奇麗でしたね。

この漫画は、背景もそうですが、ドレスやスーツの生地の模様まで細かく描きこまれていて、1ページ1ページが画集のようで美しいです。

さて、グレイシーの爵位継承パーティーで、多くの貴族たちを味方に付けなければならないので、グレイシーやカナリアは、準備をしっかりしてきました。なので気合十分です。

一方、どこかポヤっとしている男性陣。

中でもポヤポヤしているのがラヤでした。

グレイシーのダンスパートナーとして参加したのはいいのですが、他の女性から誘われたのを、グレイシーに確認しに行くのはどうなのかと思いました。彼ならもっとうまく断れたのでは。

そこに恋愛感情がなく、ただの仲間意識しかないとしても、グレイシーのパートナーとして会場に来ているので、その任務をおざなりにするのはどうかと・・・

グレイシーの方は、友達以上には彼のことを好意的に思っているようなので、なんだか悲しそうに見えます。

珍しくセザールの勘が当たったシーンでしたね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください