漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」115話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

登場人物まとめを作りましたコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」115話のネタバレ

数時間前、アイリスが眠っている皇帝に声をかけると、皇帝はゆっくり目を覚まし、おぼろげに返事をした。

が、それは皇帝がふざけていただけで、実は倒れるところから演技だった。

そのことにはアイリスだけが気づいたので、イリア皇妃やイアンは心配で大変だったようだ。

侍従長はまだ罪を認めていないが、部屋を調べてリザ皇妃の指示だと言う証拠を確保することができた。

皇帝が倒れたフリをすると、リザ皇妃が侍従長を買収し、皇帝に薬を盛らせたというのが事件の真相だった。

皇帝はイアンのために勝負を仕掛けたのだった。

アイリスは、皇帝陛下の命に関わるからと、今回だけ特別にイリア皇妃のソリアケープを羽織っていた。

なのでアイリスはこの件のみの使用だと思っていたが、イリア皇妃がいかに彼女を可愛がっているか知っている皇帝は、そうは思っていなかった。

皇帝は、では3侯爵家が力を合わせるように働きかけてほしいと言うと、既にラーガス家とカマンディ家は同意していた。

エスロット卿は先帝のときから皇室に仕えてきた人物だった。

皇帝は、アイリスが向かおうとしている地位までの道のりは険しく、目的地に達しても休む間はないが、それでも突き進むだろうなと言い、アイリスに協力を申し出るのだった。

その頃、リザ皇妃は、アイリスがイリア皇妃のソリアになったことを知り、何故その報告がすぐに来ないのか、侍従長は何をしているのかと怒鳴った。

だが、侍従長と連絡がつかないこと、朝方イリア皇妃の使用人たちが本殿に入ったこと、侍従長が行方不明なのと関係があるのか尋ねても一切答えなかったこと、皇帝の看病をしたものは全員休暇中であることを、メイドから説明される。

侍従長は簡単に拘束できる相手ではなく、また侍従長はイリヤ皇妃と皇帝が結婚する前から皇室に仕えていた人物で、毒を注射したのは皇帝が倒れた後なので彼を疑うわけがないと、リザ皇妃は考えていた。

第一皇妃のソリアは後宮を管理するが、本殿は侍従長の管轄だったので、皇帝を看病した者たちを調べるには侍従長の許可が必要だった。

許可が下りるまで時間がかかるため、隙を与える前にと、全員捕らえるような無茶をしたのだろうと考えた。

ルイ皇子が皇帝代理となると、貴族たちの態度が変わったので、皇帝の意識が戻らない今、ウィンハイトさえ味方につければ国が自分のものになると考えた。

そこでリザ皇妃は、イリア皇妃とアイリスを捕らえるために、ルイ皇子に会いに行ったが、彼の執務室にはアイリス・フォレスト侯爵、ラーガス侯爵、カマンディ侯爵、そしてイアンが待っていたのでたじろぐ。

アイリスは、皇帝がアイリスをソリアとして認めた任命書を見せ、ソリアの誓約に基づき、結婚後には退職すると言う。

リザ皇妃は、ソリアに戻ったのなら中央軍に護衛させてはどうかと提案する。

騎士団長のハワードは自分の意のままに動かせるので、アイリスの監視をさせ、侍従長を脅している証拠を見つけようと考えたのだった。。

余裕の笑みを浮かべるアイリスは、ルイ皇子に発表するように促す。

すると皇帝がやってきて、背任、横領、機密漏洩、謀反の罪で、リザ皇妃を捕縛せよと命じるのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」115話の感想

皇帝に毒(睡眠薬)が盛られ、倒れてしまったのですが、全部演技でした。リザ皇妃を確実に捕まえるために、演技をしたのでしょうか。

侍従長という予想外の裏切り者がでてしまいましたが、もっと酷いことされる前にわかって良かったですね。

アイリスは、この事件を解決するために、再びソリアの地位に戻りました。しかも、これまで誰も指名されていなかった、第一皇妃イリアのソリアです。

イリア皇妃のソリアは、90話に書いてありますが、なんとリザ皇妃の金庫のある本殿の地下に入れるのです。皇帝の考え通り、イリア皇妃のソリアを解任されないのであれば、何の問題もなく探すことができますね。

密書が見つかれば、さらに罪が増え、確実にリザ皇妃を排除することができるのでしょう。既に罪が山盛りですが、ようやくですね。

さらに公爵・侯爵が団結してリザ皇妃の敵に回ったので、リザ皇妃を助ける家門は実家ぐらいしかないのでは。

皇室からリザ皇妃を排除できれば、あとはウィンハイトに居座るネラだけですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください