漫画「私が娘ですか?」37話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」37話のネタバレ

追いかけてきたアドリアンも、侍女たちに躓いて転倒し、額から出血し気を失ってしまった。

ヘイリンが樹上を見ると、ロープを投げてくれた人物は消えていた。

すると騒ぎを聞きつけたジャックがやってきたのだが、侍女たちはアドリアンのケガをヘイリンのせいにした。

アドリアンは治療を受けたが意識が戻らなかったので、伯爵夫人は、このまま意識が戻らなければどうするつもりか、母親に似てたちが悪いと、ヘイリンを責めた。

ザカリー伯爵は、ヘイリンが侍女たちに捕まりそうになったときに誰かが助けてくれたというヘイリンの話の方が気になり、一体誰が助けようとしたのだとヘイリンに問う。

ヘイリンは答えられず俯くと、侍女たちは、そんな事実はなく、ヘイリンがアドリアンを殴ったのだと嘘の証言をした。

だがジャックが、自分が駆けつけたときに二人の距離がかなりあいていたので、ヘイリンが暴行した事実はないと証言する。

さらに、その瞬間を直接見たわけではないが、それまで威嚇するような態度をとっていたのはアドリアンお嬢様の方だと説明する。

ザカリー伯爵は、皆に部屋に戻るように指示する。

納得ができない伯爵夫人は、あの女が忘れられないからかばうのかと騒ぐが、ザカリー伯爵に睨まれてしまい、黙る。

ヘイリンだけ残され、ザカリー伯爵は彼女の襟をつかむと、人を惑わすのがあの母親そっくりだ、虫酸が走ると罵った。

そして、しばらく人目がつかないように、離れの小屋に閉じ込めると言う。

ヘイリンは、またあの納屋に監禁されて焼き殺されるのかと恐ろしくなるが、隠しておいたランプを使って納屋を失くせばいいのだと思いつく。

伯爵が呼ぶまでヘイリンは部屋に謹慎になった。

そのやり取りを、ローブの男が樹上でじっと聞いているのだった。

その頃、カリスト邸の庭園で休むヴィンセントのところに、第2皇子が顔を出すのだった。

漫画「私が娘ですか?」37話の感想

アドリアンは転んで意識を失いましたが、これでまたヘイリンを憎むような、ややこしいことになるのでは。。

既に伯爵夫人は怒り狂っているので、はやく救出してもらわないとヘイリンの身が危ないですね。

何者かがヘイリンを見守っていてくれるようですが、屋敷の中までは難しいと思います。

それにしても、侍女たちが自分たちの犯行を隠そうとしたおかげで、誰が助けにきたかうやむやになりました。

どんな人物だったのか、ザカリー伯爵は情報を得ることができなかったので、彼女たちは伯爵の足を引っ張っています。敵が内部にいると大変ですよね。

ザカリー伯爵夫妻は、ヘイリンの母をよく知っているようですね。惑わすと言っていましたが、ヘイリンの母に振られでもしたのでしょうか。

以前執着していたというオルピアス家の令嬢かもしれないですね。その令嬢とヴィンセントの父との子がヘイリン・・・?

ヘイリンの方は、ひとまず納屋を燃やそうと考えているようです。確かにあの納屋がなければ、納屋と一緒に燃やされる心配はないですね。うまくいくといいのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください