漫画「私が娘ですか?」38話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」38話のネタバレ

第二皇子ノアは、翌日にあるヴィンセントの出征式に出席できないので、顔を出しにきたとのこと。

貴族を集めたそうだが、あの子を救うために謀反でも起こすのかと言うので、ヴィンセントは、言葉に気を付けてくださいと呆れる。

そこへ、フェダーが慌ててやってきて、ヘイリンが軟禁されたと報告する。

ヘイリンは、またも納屋に閉じ込められてしまったが、ランプについていたマッチを使って放火するつもりだった。

うまく脱出できるか不安だったが、今度は助けを待つのではなく、自分から動くのだと決意する。

自分から動かなければ、ヴィンセントやノアと二度と会えないと思ったのだった。

そうしてヘイリンはマッチに火をつけると、床に投げて納屋を燃やし始めた。

ドアにタックルしたり、椅子で殴ったり、なんとかして外に出ようとするも、なかなか開かず、火の手が迫ってきた、

ここから出たいと必死に祈ると、青白い光がヘイリンの体を包み、気が付くと納屋の外にいた。

燃える納屋を見て、これまでの苦しい思いをしたヘイリンはいなくなったのだ、新しい生き方を見つけるのだと、彼女は泣いた。

その頃、ヴィンセントとカリスト家の騎士団は馬を走らせていた。

ヘイリンを見守っていたローブの男である、カリスト家の騎士アイヴァンは、ヘイリンが閉じ込められた納屋が全焼したこと、ヘイリンの姿が見えないことを報告する。

燃え盛る納屋を見たヴィンセントは、何としてでもヘイリンを探し出すと言うのだった。

漫画「私が娘ですか?」38話の感想

納屋に閉じ込められてしまいましたけど、マッチで放火して脱出しました。

脱出経路を確保せずに放火したのはチャレンジャーだなと思いましたが、カリスト家に備わる神聖力のおかげなのか、無事に外に転送されました。

それがなかったら、今度も焼け死ぬことになりましたからね。

でも前回は何故そのような力が働かなかったのでしょう。一度目の悲惨な死で、力に目覚めたのでしょうか。

ヘイリンを見守っていた人物は、いかつい雰囲気の騎士アイヴァンでした。ちなみに、いつもヴィンセントの補佐をしている水色の髪の騎士は、フェダーです。

アイヴァンが火事に気が付いたときには、もうヘイリンは外に転送されていたのでしょうね。

納屋が全焼しても、ヴィンセントは捜索を諦めるつもりはないようなので、なんとか合流できるといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください