漫画「帰還者の魔法は特別です」134話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」134話のネタバレ

魔道王国アルテイアの飛行船港。

ケイは、連絡もなく現れたダレン・アレフ中佐に、何用かと伺うと、いちいち連絡をしなければならないのかと返されてしまう。

中佐は、ケイが剣聖であっても、魔法が使えないことで見下していた。

あまりの見下し方に、ケイの部下が割って入ろうとするも、ケイが止めて、部下の非礼を詫びる。

中佐は、実験が失敗することのないよう、材料がきちんと届いたか確認しに来たと言う。

中佐が、見慣れないデジール達を何者かと指摘したので、ケイは、飛行船の護衛のために雇った臨時の傭兵だと答える。

ケイと中佐の話を盗み聞きしていたデジールは、ケイがアルディンの護衛ではなく、飛行船の護衛だと言ったことについて、アルディンを隠したいのかと気になった。

中佐は、魔法が使えない兵士たちをも替えがきく消耗品だとバカにするので、ケイと睨みあいになる。

中佐が材料を確認したいと言うので、ケイは部下のフネン少尉にデジール達を傭兵ギルドまで送るよう任せた。

デジールはフネン少尉に、階級が高いのに失礼な人がいたようだと中佐の話を振ると、フネンは、魔道王国だから魔法の実力重視なので、剣聖のケイですら、魔法の方が勝ると言われ見下されているとのこと。

魔力が少ないために兵士にならざるを得なかった彼らを、ケイはよく面倒を見てくれたので、兵士たちは心からケイを慕っていた。

国王もケイを寵愛していたのだが、外国から魔法使いが来てから、様子がおかしくなったそうだ。

傭兵ギルドまで送ってもらったデジール達。

有終の美クエストが完了し、あとはメインクエストの攻略が残っていた。

デジール達は、3-BYETとナンバーがついたマナ板を前に、次はどこに向かうべきかを考えていた。

夜、デジールとプラムがマナ板生産工場に潜入し、文書保管室にある目的のリストを見つけた。

その後、3-BYETのシリアルナンバーの関係者の1人、88歳の魔道研究所所長ラン・フージェン・アケニオスに近づいたものの、デジールはこき使われ疲れ切ってしまった。

トイレに行くと言い、人気のない場所へ移動すると、パーティーメンバーと状況報告しあう。

そしてパニエ商団主の動向を見張っていたロマンティカは、中佐と密会しているのを発見するのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」134話の感想

ケイが魔法使いを嫌っているのは、実力に関わらず魔力の有無だけで地位が変わってしまい、多くの部下が辛い思いをしているからのようですね。

ですので前回の話のように、デジール達が魔法使いなので初めは嫌そうでしたが、デジールの人となりを知れば理解できる、受け入れることができるようです。

現在は、貴族と平民という身分差別がありますが、そのもとになったのが、魔力の有無のようです。

ずっと続いている差別なので、デジールの考えるような平等はなかなか険しい道でしょうね。

差別なく皆が学ぶ機会をもてたら、前世で人類は滅亡しなかったかもしれません。

さて、登場から胡散臭かったダレン・アレフ。やはり怪しい人物でした。届いた材料とやらを受け渡すのでしょうか。

この男たちが、デジール達の探すホムンクルスの支援者だと手っ取り早いのですが、どうでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください