漫画「皇女、反逆者に刻印する」25話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」25話のネタバレ

ロゼニットは、自分の誕生日だというのに、主役になれず苛立っていた。

さらにイヴが専属騎士と真珠の間に入ったことが気に入らなかった。

だが、その専属騎士のアグニト卿が他の女性を連れてどこかに行こうとしているのを見て、イヴがまた何かしていると思い、後をつけた。

二人が真珠の間に向かったので、まさか3人で楽しむつもりか、刻印も点検も先に済ませるはずったのにと悔しがるロゼニット。

何故突然このように大胆になったのかわからないが、ロゼニットは邪魔してやろうと思った。

真珠の間にはアナイスしか入らなかったので、ロゼニットは標的をイヴからミカエルに変えた。

ロゼニットはにこやかにミカエルに声をかけるが、ミカエルはロゼニットに初めて会った時から、何故か不快感があった。

ロゼニットは、イヴが中に一人でいるのか、何故一緒に入らないのかと、ミカエルに質問する。

ミカエルは、第8皇女ほどの方が1人で出歩いてはならない、ミラード卿と一緒にいるべきだと言う。

ロゼニットは、それならばとミカエルにエスコートを頼むと言い、手を差し出す。

ミカエルは、皇族の命令を無視できないこと、今イヴに確認をしてアナイスとの会談を邪魔したくないことから、仕方なくロゼニットの手を取る。

皇帝に忠誠の儀をしたときよりも、凄まじく不快な気持ちになるミカエルだが、ロゼニットを庭園に案内した。

二人が立ち去った後、イヴはミカエルの名を呼びながら、彼を探しまわっていた。

するとロゼニットを探しているミラードに遭遇する。

イヴは、ロゼニットがミカエルを連れ去ったのだと気づく。

その頃ミカエルは、ロゼニットに歩調を合わせることなく、夜の庭園までエスコートしていた。

ロゼニットが疲れて足を止めたので、ようやく解放されると思ったミカエルだが、ロゼニットはアイマスクを外したところが見たいと言い出した。

拒否したいが、できずに困惑するミカエルの目元に、ロゼニットの手が近づくのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」25話の感想

イヴはちょっとロゼニットの誕生会で目立ち過ぎましたね。

皇太女になるために必要なことなのでしょうけど、ロゼニットから完全に主役を奪ってしまったので、いつも以上に目をつけられてしまいました。

ロゼニットはミカエルにちょっかいを出し、アイマスクを外そうとしていましたね。ミカエルが酷く嫌がっていることから、特別な意味があるようです。

刻印も点検も先に済ませたイヴに対抗するべく(点検はしてませんが)、アイマスクを外すという初めてを奪おうとしているのかもしれませんね。

また、ミカエルがロゼニットに強い不快感があることから、少しは前世の影響があるようです。ミカエルだけならいいのですが、他のキャラクターもそうだとしたら、かなり厄介ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください