漫画「悪女が恋に落ちた時」54話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している転生恋愛ファンタジー漫画「悪女が恋に落ちた時」原題・악녀가 사랑할 때、作家・서귀조

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

※今のルペルシャ=リシャ、前のルペルシャ=ルペルシャ、でまとめています。

漫画「悪女が恋に落ちた時」54話のネタバレ

リシャが睨むと、青年は、俺はバルシアンの第5王子だぞと言い返した。

バルシアンはハーレム文化が残っているほど、女性の地位が低い国なので、皇女であるリシャにも横柄な態度をとったようだ。

リシャは、襲われていたピンク頭の令嬢に、こちらに来るように言い、抱きしめて保護する。

次にリシャは、ゼンを召喚し恐ろしい悪夢を見せ、男を成敗した。

保護した令嬢には、可愛らしいお嬢さんは自分の身を守るためにスクロールを持っていた方がいいと、優しくアドバイスする。

ピンク頭の令嬢は感謝すると、リシャが今年のベアトリスだと気づき、目を輝かせる。

リシャは、私たちだけの秘密にしてくれるようにお願いする。

ピンクの令嬢は、絶対に秘密を守ると約束してくれたが、あまりの圧にリシャは疲れてしまった。

部屋から出ると、ダニエルがワインを持って待っていた。

ダニエルが、お節介なのですねと言い、目に怒りをにじませたので、リシャは、放っておけなかったと言う。

ダニエルはリシャの手をとり、半ば強引にダンスへ連れ出す。

リシャとダニエルのダンスは、他の招待客の目を惹き付けた。

楽しいダンスが終わると、二人は夜の庭園へ。

その場所は、皇子の誕生日の日に来た場所だった。

ダニエルは、その日、依頼を受けて帰る途中にリシャを見たと話し始めた。

悪魔は心がないため心を欲すること、精霊とのハーフはそんな悪魔的な力と特性を持っているので、契約者の涙を飲みその対価として小さな願いを聞いていること、感情がこもった涙はハーフの大きな力になること、そのせいでダニエルの国は滅亡したことを話した。

そしてダニエルが唯一のハーフだと言う。

リシャが、何故そのような話を私にしたのかと問うと、ダニエルは、リシャを傷つけたくないからだと答え、でもこのままであればいつかはと言う。

リシャはダニエルが、彼のせいでリシャが苦しむと心配しているのだと思い、涙ならいくらでもあげるから友達になってほしいと言うのだった。

漫画「悪女が恋に落ちた時」54話の感想

ピンク髪の令嬢を無傷で助け出すことができました。ゼンが強くて助かりましたね。

ピンク髪の子は、リシャを崇拝しそうな勢いで慕っていましたが、原作にはいないキャラクターのようですね。

イメージ的には二人目のヒロインという感じです。

今後ストーリーにどのように関わってくるか楽しみですね。強力な助っ人になってくれる気がします。

ダニエルが、悪魔と精霊の話をしていましたが、涙を好むのはヘレイスも同じですね。

正確には泣き顔ですが、今回のダニエルの話と関係があるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください