漫画「盗掘王」最新話202話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」最新話202話のネタバレ

人数の多さに苦労はしたが、遼河は襲ってくる者を蹴散らし、ジョシュアの別荘のチャイムを鳴らした。

遼河の行動に、狂ってると混乱するジョシュア。

遼河は応答があるまでチャイムを鳴らし続け、ジョシュアに話があるから彼を外に出して欲しい、家も壊れずに穏便に話すことができると言う。

だが断られてしまったので、遼河はチキンを食べている途中だったセトを召喚し、砂嵐で別荘を壊し始めた。

建物がどんどん壊れていくので、ジョシュアは、パンドラからもらった遺物を、種類関係なく全て使えと命じる。

天気予報の遺物が使われ、セトの砂嵐は無効化された。

すると今度は遺物で作られた十字軍が押し寄せてきた。

遼河は、手に入れたばかりの抜山蓋世・項羽の遺物である偃月刀を召喚し、十字軍を攻撃する。

さらに、偃月刀が大きすぎるからと、短剣2本に変えてしまった。

十字軍相手に、遼河は単身突撃する。

一方、なんとかドアを破壊し、出ることに成功したクロエは、移動中の雪とユリアンに、記憶が完全に戻ったらしい柳が逃げたことを知らせる。

雪はキルダル達を総動員して柳追跡に向かわせるが、そのことは柳も理解していると思われる。

ユリアンは、柳が逃げたのは裏切り者だからだと言うが、雪は今ひとつそれが信じられないのだった。

漫画「盗掘王」最新話202話の感想

柳がいなかったため、遼河は久しぶりに苦労していましたが、さすがの強さです。本当に1人で何でもできますね。

ジョシュアは遼河1人に追い詰められていきます。意外にもパンドラの遺物が役に立ちましたが、それも一瞬です。遺物コレクターの遼河相手では、総帥レベルでしかまともに戦えないのでしょう。

セトは相変わらずチキンが好きなのですね。とても可愛いです。わんころがでるだけで癒やされます。

柳の方は、ユリアンが相変わらず疑っていますね。雪は、団長も否定していたからと半信半疑です。遼河が彼を疑っていないということを、柳が知る機会があればいいのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください