漫画「緑陰の冠」18話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「緑陰の冠」18話のネタバレ

ランは精霊たちとの会話を思い出し、夢や小説の中にいるのではなく、ここは現実なのだと再確認していた。

この世界は彼女が作ったものではないので、キャラを虐めた作者ではないことに気づき、むしろユスタフを守り、公爵家に尽くした良い人間ではないかと思い、ウキウキする。

メイドのソダに身支度を整えてもらう。お越しにきてくれたのは侍女のカラとのこと。

ユスタフと会う際、食事も用意してもらう。

相変わらずの無表情だが、心配したというユスタフに、ユスタフではないと思っていたと、笑顔で答えるラン。

ユスタフは、そこまで愚かではない、心配したのは本心だと言う。

パクパクを食事をするランに、あんなことがあったのによく食べられると指摘すると、ユスタフが用意したのだから大丈夫だと彼女は説明する。

ランはユスタフから、あの時何があったのかを聞く。

ランに睡眠薬を持ったメイドは、借金を帳消しにしてもらうために、ロビーに協力したのだった。

逃げる際にユスタフに見つかり、逃げずに大人しくしていれば命だけは助かるかもと脅され、その場に崩れ落ちた。

一方、ロビーは、気を失ったランをベッドに運び、彼女の服を脱がそうと手を伸ばす。

だがユスタフがロビーの喉元に剣を突きつけ、失敗に終わる。

ロビーは誤解だと言い逃れようとした。

ユスタフはロビーの首を刎ねたかったが、ランやベッドに血が飛び散るのは嫌だった、継母から守り抜いたラチアの全てのものは、ユスタフのものだったからだ。

話し合いができないから剣を下ろしてくれとロビーが叫んだので、ユスタフは剣を下ろすと、ロビーの膝を剣で叩いた。

倒れたところを足で踏みつけ、話し合いをしようかと冷たい笑みを浮かべるのだった。

漫画「緑陰の冠」18話の感想

ランはただ世界の情報を読み取っただけなので、ユスタフが虐待された設定は、ランとは何の関係もありませんでした。これで不要な罪悪感を持つ必要がなくなります。

あるとすれば、憑依している体が幼い頃に行った、ユスタフに対する虐めですが、公爵家とユスタフにここまで尽くしていれば、もう相殺されているでしょう。

これで少しは気を楽にして、ユスタフに接することができるのでは。

さて、ロビーですが、薬を盛って襲おうとするなんて最低ですね。計画したのはリンドバーグ男爵でしょうけど、実行したので同罪です。ロビーとメイドから繋げて、男爵を罪に問えるでしょうか。

また、ユスタフはランが襲われることに気づいていたようですね。

護衛のロス卿ではなく、騎士団長のブレイン卿が一緒にいたので、捕まえるために待機させたようです。

ランの方は最悪の事態にならず良かったです。計画の内容を聞いたら気持ち悪くて仕方ないでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください