漫画「緑陰の冠」16話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「緑陰の冠」16話のネタバレ

薬湯を持ってきた侍女は、小走りでその場を去る。

何かおかしいと思うランだが、床に転がったまま意識を失い、気がつくと真っ白い空間の中にいた。

目の前には、やっと声が届いたと微笑む、青炎の精霊イスタリフだった。

青髪の女性の半身に、ライオンのような胴体がついている。

ランは、まさか毒を飲んで死んだのか、もしかしてユスタフがやったのかと考えるが、成人までは殺さないはずと考え直す。

叔父が犯人かもと考えていると、イスタリフが首を伸ばして彼女の顔を覗き込む。

イスタリフがいるのに死後の世界はおかしいと感じ、ランは死んだのかどうかを確認すると、イスタリフは、ランは深く眠っている状態で、今は精神界に来ているのだと説明する。

イスタリフに、何故名前を知っていたのかと訊かれたが、精霊は何を考えているかわからないため、ランは答えなかった。

すると今度は、男性の半身に蛇のような胴体を持つ精霊が現れ、一度死んだ体に誰が乗り移っているのか知りたいだけだと言う。

この精霊は、薔薇のウスラ公爵家に宿る精霊で、黒い槍の惨撃だった。

ランは、教えるから、気を失った時に戻れるようにして欲しいと、精霊達に頼む。

ここは自分の書いた小説の中だとランが説明すると、精霊達は、読むもの=プハニアスかと納得した。

ランに憑依した理由と関係がありそうなので、詳しく教えて欲しいと思うラン。

すルト今度は、プハニアスとは珍しいと、豹頭の男性半身に豹の胴体と真っ白な3対の翼を持った、威圧感たっぷりの精霊が現れたのだった。

漫画「緑陰の冠」16話の感想

ランは睡眠薬を盛られ倒れてしまいました。侍女は人を呼ぶことなく立ち去ったので、彼女は男爵側で間違いなさそうです。

ランは、毒を持ったのはユスタフではないかと、一瞬不安になってしまいました。

ユスタフはランに対し、殺すほど恨んでいないし、継母の罪を肩代わりする必要はないと思っていますが、それは彼女に伝わっていないので、ランは未だに不安の最中です。

行いの許す許さないはランが判断することではなく、ユスタフが判断することなので、彼が伝えない限りは、ランは彼に尽くすしかないのでしょうね。

さて、ランは精神世界に入り、半人半獣の精霊たちに出会いました。

彼らなら憑依した原因を知っていそうですね。ここでもう謎が明らかになってしまうのでしょうか。

また、ランは気を失った時に戻してほしいとお願いしましたが、今のランの体はどうなっているのでしょう。無事だと良いのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください