漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」73話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話・各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」73話のネタバレ

ダンはアリアに手を差し出すが、ダンの評判が悪いせいで、周囲からはカツアゲしているように見えたようだ。

アリアは、ここで目立ちたくないから場所を変え、エルドを捜してから状況の整理をしようと、手でサインを出す。

すると今度はユリアンが駆けつけ、エルドを蔦で縛って連れてきた。

半泣きのエルド。

エルドの過去へと話は変わる。

王の命令で、人間嫌いのエルドに人間の師匠がついたので、エルドは仲間の少女に愚痴をこぼす。

その少女はペイルという人物など、人間に理解があったので、むしろどのような人間が師匠についたのかと興味を持つ。

エルドは、会ったことはないし、これからも会うつもりはないと言うが、やはり気になり、王の祝福を受けたのがどのような人物か、覗き見に向かった。

神殿にやってきたのは、ジェフリーと、彼を説得しようと何かを必死で話す貴族達だった。

離れていたのにエルドの位置を察知し、しかも生意気そうなジェフリーを見て、エルドは噴水の水を使って攻撃をしかける。

自分より弱いことを証明すれば、師匠など要らないと納得してもらえると思ったのだ。

ジェフリーは、誰かのイタズラのようだと言い、マントでそれを難なく防ぐ。

ジェフリーに助けを求める貴族達には、大人なのだから自分でなんとかするようにといい、ジェフリーはさっさと神殿奥へと進む。

エルドはそれが面白くなく、今度は赤いマナを小さな槍状にして無差別に攻撃を放った。

ジェフリーの首を少しかすめたので、ジェフリーは、さすがにイタズラの度を過ぎている、自分の体が傷つけられるのは一番キライなことだと言い、オーラでやり返した。

殺されそうになったエルドは、ジェフリーの前に現れ、私は絶対に認めないと叫び、マナを放った。

だがその攻撃はジェフリーにやすやすと切り裂かれてしまい、振り下ろされる彼の剣を防ぐ手立てはなかった。

その瞬間、突然シャーロットが現れ、彼の剣を杖で防いだ。

そして、何をやっているのかと、ジェフリーを睨むのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」73話の感想

アリアのもとに、ダンとユリアン、エルドが合流しました。

バラバラで動くよりは良いですね。彼らはカルシリオンのようにマーベルに留まる必要はないですし、魔獣討伐が終われば一緒に移動できます。

問題は、現在ジェフリーがどこに向かっているかですが。

そしてエルドの過去編が始まりました。どういった経緯でシャーロットの弟子となったのでしょうね。

昔のエルドは小生意気な普通の女の子のように見えます。ちょっかいを出しに顔を見に行くなんて、子供のようです。

しかし勘違いして、シャーロット以外どうでもいい主義のジェフリーに襲いかかってしまったため、彼にそのまま処理されるところでした。

シャーロットが止めに入りましたが、このようにして彼女が命の恩人となったから、エルドが懐くようになったのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください