漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」72話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話・各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」72話のネタバレ

この世界に興味を引くものがあったのか、何故か幻想世界に入り込んだ災い。

災いは、誰もがシャーロットを敬い慕う、黄金色の世界が懐かしくはないかと言う。

アリアは災いの手を振り払うが、災いは、かつて巨大な力を持った彼女をあざ笑うかのように、黒いモヤで拘束し、俺を求めているのだろうと挑発する。

アリアはマナを暴発させることで拘束を逃れる。

その頃、馬車で移動中のジェフリー達。

エヴァンが昔のように何も喋らなくなったので、ジェフリーは、昔のエヴァンについて話し、からかいながらも、シャーロットが大事にしている子だったのだと言う。

大事な子が道を踏み外したら心が傷み、自分ではどうにもできないだろうから、別の人が手伝えばいいと言うので、バーモンはジェフリーの真意がわからず戸惑う。

馬車を操縦していたシルバインは、石を使い、馬車の真下にゲートを発生させる。

ジェフリーは、アリアが遅くなりそうだから先に移動すること、ゲートの力が及ぶ範囲内の者は誰もでれないようにしていたと説明し、バーモンに剣を突きつけ、ゲートの制御をするように命じる。

その様子を半眼で眺めていたエヴァンは、自身の近くに魔族の黒いマナが発生していることに気づく。

ゲートの移動先は思いもよらぬ場所であった。

一方、クラウスでは、騎士団長ペンリル・シュロードが、マーベルでのことを皇帝に報告していた。

アリア・ラッセンについては、ジェフリーの接し方や、戦闘中の判断力や知識量などは他者に類をみないものだったので、シャーロット・エレノア本人に間違いないと報告する。

皇帝は、魔術師でも失った目を戻すことはできないし、姿を変えているようでもなかったと興味を持ち、マーベル送らず自国に留めておけばよかったと言う。

その頃、アリアは幻想世界から排出されて、マーベルの町中で目覚めた。

突然空中から現れたから大丈夫かと、周囲には人だかりが。

アリアの力で幻想が破れたので、エルドの作った幻想ではないと考える。

その場にジュディスとジェロンが駆けつけ、アリアを保護する。

するとダン・モンテも転送してきて、アリアのもとに駆け寄るのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」72話の感想

災いはどこにでも現れますね。あの幻想がエルドのものでないとしたら、誰が作ったものなのでしょう。エルドほどの能力がないから、災いが入り込んだのでしょうか。

アリアがマナを暴発させて幻想の世界を終わらせた頃、エヴァンはなんだか不貞腐れていましたが、幻想の中の災いの行動は把握しているのでしょうか。

アリアの正体がクラウス側にもバレてしまいましたね。容姿が似ていて、あれだけ活躍していれば、気づかれないほうが無理がありますよね。

アリアはクラウスに戻る予定ですが、クラウスに無事戻れたら、どのような扱いになるのでしょうね。

まずはマーベルの混乱を終わらせないといけませんね。アリアは双子とダンと合流できたので、戦力はばっちりです。その後、ふりきってジェフリー達と合流するのは難しそうですが。

ジェフリーはどこに向かったのか、なんだか今にもエヴァンを処理するつもりではないのかと、怪しさ満点ですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください