漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」17話のあらすじネタバレと感想

※全エピソード一覧はコチラ

漫画アプリcomicoで連載中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」原作 Jang Namu 、作画 Hagwa(STUDIO WOOGII)、原題 괴물 황태자의 아내가 되었습니다

毎週土曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」17話のネタバレ

皇帝の影である銀漢は、誰にも知られてはならない存在だった。

皇室にやられ官軍に追われたとき、皇帝に助けてもらえなければ死んでいた。

命の恩人である皇帝のために、非公式の任務を失敗なく忠実にこなすようになった。

だが、アンシアの料理の匂いに負けてしまい、一口だけつまみ食いしようと考えた。

今回の料理は、銀影の故郷に住む母が作ってくれた料理に似た、釜にたっぷり入ったお焦げスープだった。

蓋をあけ、いざ食べようとすると、アンシアがやってきたので、彼は咄嗟に黒猫に姿を変えた。

アンシアは、可愛い黒猫を抱きあげると、この猫が釜の蓋を開けたのだろうと察する。

黒猫になった銀漢は釜をみつめ、食べたくて仕方がないアピールをする。

猫にお焦げスープを食べさせていいものかアンシアは悩むが、試しに与えると、黒猫は喜んで飲み始めた。

黒猫の可愛さに、飼い主がいないなら飼いたいと言うアンシア。

そこへブレイクがやってきたので、黒猫を抱き上げ、可愛いでしょうと彼に見せる。

だがブレイクは、その猫がオスのようだからと気に入らない。

アンシアは、オスかどうか確認してみようと言い出したので、黒猫は慌てて逃げ出した。

その後、アンシアはお焦げスープを持って、テステオンのもとを訪ねる。

テステオンは、お茶会以降すぐに来たアンシアに驚いたものの、お焦げスープの味を褒め、また来るようにと微笑む。

アンシアは皇太子宮に戻ると、今日は色々なことをしたから長い一日だったと、ベッドに横たわる。

かわいい黒猫に会えたと考えていると、ブレイクがベッドに乗ってきて、ニャーと猫の鳴きまねをするのだった。

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」17話の感想

アンシアが作ったものは、お焦げスープなのですが、原作ではスンニュンというものでした。

ご飯を炊いた後に釜に残った、茶色いお焦げの層に水を注ぎ、米の風味が移るまでコトコト煮る料理で、飲み物だそうです。

日本だとそば湯みたいなものでしょうか。お茶の苦みの無い玄米茶のようなもの?

昔の釜ならお焦げが当たり前のようにできたものの、現在の炊飯器ではお焦げができないので、わざわざお焦げ機能がついた炊飯器が販売されているそうです。面白いですね。

さて、銀漢ですが、黒髪なのは、東方出身だからなのですね。皇室や官軍に追われ・・・と書かれていたので、故郷でややこしい立場にあったようですね。

さらに猫に変身することができるという、隠密に最適な能力を持っていました。小説内に登場するキャラクターなら、たとえ猫状態でもアンシアは気づくと思うので、この世界オリジナルのキャラクターかもしれません。

小説と違う部分が多くなればなるほど、運命を変えることができそうですね。

また、ブレイクは猫にまで嫉妬したのか、本当は猫でないことをなんとなく察知したのか、猫の鳴き真似をしてアンシアに媚びました。アンシアを独り占めしたいのでしょうね。

あざとい彼にアンシアがどう反応するのか気になりますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください