漫画「帰還者の魔法は特別です」118話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」118話のネタバレ

1月4日は、ルスフェナ・ヘブリオン皇帝がへブリオン帝国を建国した建国祭で、本来なら学園でも祭りをするのだが、事件があったので今年は中止になった。

代わりに、その日だけ都市に出て祭りを楽しむことが許可されたそうだ。

デジールは、ロマンティカが作ったジャケットと、アゼストが選んだマフラーを着用する。

フリーチェルとタキランにも、ロマンティカからコートが贈られたが、着なれないなど言われるため、ロマンティカは怒る。

今日の遊びのお金は、パーティの資金を用意しデジールが預かっているので、プラムが見たがるへブリオン歴史劇の公演の会場まで移動する間、食べたいものなどある場合はデジールに言うようにとのこと。

プラムとアゼストは目配せし、アゼストがデジールにくっつかないように別行動させる。

すると、パン屋が先着500様までケーキを1ブロンズで販売すると宣伝したため、大勢の人が集まった。

プラムは人混みに流され、ロマンティカを見失ったデジールは、間違ってアゼストの手を引っ張り、人混みから抜ける。

賑わいから離れ、寂れたところにある予言者の店。

孫は全く客が来ないとブツブツ言うが、予言者の老婆は客引きでもしてこいと言う。

そこへ現れたのは、アゼストと、彼女に無理矢理連れてこられたデジールだった。

始めは孫が対応し、デジールたちを適当に占って終わりにしようと考えるが、祖母に殴られ、本格的な占いをすることになった。

デジールとアゼストの髪を1本ずつ用意し、髪はその人の運命を、結び目は人と人の縁を見ると言う。

最後に一族の歌が一枚のカードまで導き、結果を見るそうだ。

デジールが選んだカードは、同盟・強い連帯感・集中だが、剣の軌道が歪んでいるので肯定的にはとらえることができないとのこと。

アゼストが選んだカードは、強固に建てられた神殿でもいつか崩れる、神殿としての意味を自然に還る、だが最後まで残る1本の柱がある、全てが崩れても最後まで残るという意味だ。

人間も神殿と同じで、いつか崩れる時が来る、背負う物が大きければなおさらだ、二人のどちらかが倒れた時、どちらかが、または誰かが柱になるという暗示だそうだ。

このような結果は珍しいという。

デジール達は良い縁に恵まれ、多くの困難があるが、立ち向かうことで絆はより強くなるそうだ。

それを訊いたアゼストは嬉しく思う。

デジールの方は大笑いし、予言を気に入ったと大金を支払った。

店をでたデジールは、悩みが解決したと、アゼストに礼を言う。

先ほどの予言から、テッセラクトが単語の配列を並び変えたものだと理解したのだ。

下位魔法の単語を組み合わせて、上位魔法の歌詞を生み出す。

テッセラクトの構造に、同時に演算する魔法、その最適な組み合わせを見つけることができたなら、自分を成長させることが可能だと、デジールは上機嫌になるのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」118話の感想

アゼストとデジールは、仲間で支え合うような予言がでましたね。

デジールはアゼストの支えになりますが、デジールの支えはロマンティカなので、誰かの部分は、パーティーメンバーはもちろんですが、ロマンティカの存在が多くを占めるのでは。

今回の予言屋のおかげで、カラス仮面のアーティファクト、テッセラクトについて、デジールはようやく細かいところまで把握できたようです。

113話でも、下位魔法を組み替えて上位魔法を生み出すと、既にある程度把握はできていたようですが、どのように組み替えるかまではわかっていなかったということでしょうか。これでカラス仮面に対抗できますね。

デジールがテッセラクトのようなものを作り出したりして。ジョードが興奮しそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください