漫画「盗掘王」178話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」178話のネタバレ

遼河達は、それぞれの能力を駆使して、襲い掛かってくる兵士たちを倒す。

だが人数が多く、きりが無い。

遺物の一人ラムセス2世は、エジプト王国の黄金期を導いた人物で、自分の業績を称えるため、アブ・シンベル神殿など多くの建造物を建てた。

ラムセス2世は多くの戦争を経験したためか、遺物の兵士の数も異様に多かった。

力を温存したかったが、遼河はアヌビスを使おうとする。

すると、塔の前までTKBM発掘団が来ていることに気づく。

そこで遼河は走り出し、荒縄を使って窓からTKBM発掘団の前に着地した。

遼河に気づいた伊藤は、ここで始末してやると怒鳴る。

だが、遼河を追いかけて、ナポレオンと項羽とラムセス2世の兵士達がやってきた。

遼河は隠身スキルで身を隠し、TKBM発掘団に遺物の兵士達を押し付ける。

しかもTKBM発掘団の遺物をくすねた。

遼河が見当たらないことに、遺物達は困惑する。

遼河を討ち取ったものがこの墓の主と認めることにしようと、遺物達は遼河狩りを思いつく。

その話を聞いていた遼河は、これまで感じた奇妙な点は、この墓の主が決まっていないからなのかと納得する。

それぞれの遺物が好きなように振舞っていたため、罠がやたらと多く、文化が混ざっていたようだ。

遼河は雪とユリアンの所に戻り、この墓で起きていることを調べるために、上層へ向かうことに。

途中で遺物の妨害を受けるかもしれないが、この墓の主がわからない以上、全て倒しながら進むしかないと、遼河はニヤっと笑みを浮かべるのだった。

漫画「盗掘王」178話の感想

傲慢の墓は主が決まっていなかったのですね。だからどの遺物も好き勝手に墓に罠をしかけていたようです。

どれが王になってもいいように、傲慢の名が似合う遺物が集まっていましたね。上層もそうなのでしょうか。そうだとしたらキャラが濃い墓ですね。

遼河は遼河で、またTKBM発掘団に仕掛けていますし、今回の傲慢の墓は我の強いキャラクターばかりですね。

遼河はTKBM発掘団の遺物を盗み、さらに墓の攻略で遺物をさらに手に入れるようです。彼が所持している遺物は、今どれだけあるのでしょうね。盗掘王というか、遺物王になれそうです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください