漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」69話のネタバレと感想!あらすじまとめ

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」原作BakHedam、漫画Pearjuice、脚色Jade、原題이건 명백한 사기결혼이다

毎週月曜日に最新話が更新されます。(5週連続更新後、1週休載)

前回のエピソードはコチラ

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」69話のネタバレ

ついにデリスと熱いキスができると考えたレイリンは、目を閉じてじっと待ったが、唇にあたったのは焼き立てのパンだった。

その後も、次から次へとデリスによって料理を口に入れられる。

そのまますっかり完食する羽目になってしまい、しかもデリスは仕事があるからと立ち去ってしまう。

レイリンは、報告を受けているはずなのに、どうしてかと疑問でいっぱいだ。

デリスの方は、排除しなければならない者が多いので、まだレイリンに手を出す段階ではないと考えていた。

デリスは1時間前に、ペルフラがアルベラの目の前で、彼女の心臓を奪ったことをベラから聞いた。

アルベラの心臓と風の種を使って、ペルフラは何かを企んでいるようだ。

それと、誰かがレイリンの飲むティーポットにデリスの鎮静剤を入れ、毒殺を図ったという報告も受けた。

ベラは、犯人が逃げ出す前に、秘密裏に調べている最中だと話す。

レイリンに何の変化もなかったので、口にする前に気づいたのかと尋ねると、既に多く飲んだ後だったと聞き、デリスは取り乱す。

ベラは、レイリンは星の欠片だから毒は効かない、まさか二人とも知らなかったなんてと呆れる。

その事実を知らなかったくせに、毎晩レイリンが疲れる程一体何をしているのかと指摘されるデリス。

デリスは、レイリンは星から得る安らぎが、死を意味するものではないかと怯えていたと言うと、アルベラは、言葉通り安息であって、死を意味するものではないと答える。

そこまで禁欲的だったのかと、アルベラが吹き出しそうになっているのを見たデリスは、今までわざと教えなかったのではと察する。

デリスは、とにかくレイリンの命を狙った者を排除しなければと考えたが、レイリンの力の影響で、周囲の音が聞こえにくくなってきていることに気づいた。

その頃アシュエルは、レイリンがペルシルを自分から引き離そうとしたことについて、腹を立てていた。

ペルシルにも、そんなに皇宮から出たいのかと問う。

ペルシルは、陛下は既に自分のために多くの罪を犯した、自分はそこまでされるほど価値ある人間ではない、新しい人を探してほしい、皇帝としての責任を自覚して欲しいと言う。

アシュエルは、こんなことなら皇帝にならず、ペルシルの手をとって逃げれば良かったと、涙を流した。

それでもペルシルをまだ手放す気はないと言い、アシュエルは、ソペン城を去る準備をしようと立ち上がる。

するとそこへデリスがやってきて、レイリンに毒が盛られた、その犯人を捜していると言う。

今この城にいる部外者はアシュエル達だけだと言うデリス。

ベラが追いかけてきて、毒を盛った侍女を見つけたが、自殺した後だったと報告する。

アシュエル達は、真相が明らかになるまで部屋から出ることができなくなった。

鎮静剤の危険性が外部には知られておらず、ナインナイトでなければ入手が困難だった。

鎮静剤を盛ったメイドはナインナイトと内通していたそうだ。

レイリンの方は、ベラから事件についての大体の報告を受けたものの、頭の中にあるのはデリスとの熱い初夜のことだった。

肝心のデリスは、ぐっすりと眠っている。

自分だけ欲求不満なのかとショックを受けるレイリンは、軽いキスぐらいなら大丈夫だろうと考え、眠る彼にキスをする。

デリスは目覚めると、レイリンの後頭部に手をまわし、今度は自分からキスするのだった。

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」69話の感想

毒混入事件について、少しずつわかってきましたね。状況的に、ナインナイトを動かせるアシュエル達が怪しくなってしまいました。

さすがにデリスの恐ろしさを理解しているアシュエルが、わざわざレイリンに手を出すとは思えません。デリスに疑われた状態なんて、生きた心地がしないでしょうね。

レイリンの方は、鎮静剤が効かないと知ってから、デリスとイチャイチャしたくて仕方がないようです。毒のことが後回しになっています。相当欲求が溜まっていたのですね。

デリスは、犯人排除が先だと考えていますが、実際にキスされたら我慢できなかったようです。デリスもレイリンとイチャイチャするために、熊で実験し続けたくらいだから(41話)、欲求不満だったのでしょう。

安らぎについても、レイリンの考えすぎだったので、2人の間の障害はなくなりました。

こうして毒がどんどん後回しになっていきますね(笑)


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください