漫画「外科医エリーゼ」最終話143話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、コチラ

漫画「外科医エリーゼ」最終話143話のネタバレ

現代。飛行機の時間が迫り、同居人に起こされる医大生・葵。

彼女は、現代医学の母と呼ばれる、150年前のロマノフ王国にて活躍したエリーゼ・ド・ロマノフの偉業を、日夜勉強していたのだ。

エリーゼの伝記を読んで医者を目指す彼女は、エリーゼの生家であるクロレンス家を見るため、友人と一緒に旅行にでたのだ。

現地に到着した彼女たちは、150年前からあるケーキの名店カリン・ベーカリーのスイーツを楽しむ。

翌日、クロレンス家を訪ねた彼女。

少し高めだが、ガイドを頼み、邸宅内を案内してもらう。

エリーゼが16歳までやんちゃだったこと、彼女が弟子入りしたのが、知る人ぞ知るグレアム教授だったことなどを教えてもらい、案内を満喫する。

寝室の壁に写真と略歴が飾られていると勧められ、彼女はそれらを眺める。

略歴を読んでいると、一人の青年がやってきた。

彼も日本からクロレンス家を見に来たそうだ。

すぐに打ち解け、楽しく会話する2人。

一見不愛想に見える青年だが、何故か親しみを感じる。

エリーゼとリンデンの生まれ変わりである二人が出会ったのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最終話143話の感想

リンデンはエリーゼを溺愛し、二人は仲睦まじく一生を過ごしたようですね。

そんな二人の魂は、結ばれる運命なのか、また別の世界で出会いました。

エリーゼが2回転生したのは、本来結ばれるべきリンデンと結ばれなかったから、転生することで運命の流れに乗り直した感じでしょうか。

どの世界でもどの次元でも、このようにして出会う運命かと思うと、素敵ですね。

今回で長く続いていた漫画も完結かと思うと、寂しいものです。

漫画家さんの絵がどんどんと成長したのが興味深かったです。変な例えですが、初めはエリーゼの生え際の真ん中から飛び出ている髪の毛が気になって仕方なかったのですが、いつしか全然気にならなくなりました。

物語の内容としては、収まるとこに収まったので、不快な気持ちになることなく、綺麗に完結したと思います。

大変面白く、素敵な漫画でした。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください