漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」111話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」111話のネタバレ

世界否定とは一体どういうものなのか、この世界を否定したところで何を得られるのだろうか、彼にはさっぱりわからず、武器を選んだ方が良かったかと思う。

選択肢が消えそうになって慌てて押してしまったが、もう少し慎重になるべきだったようだ、だが終わってしまったことなので仕方が無かった。

レナはアシュ・ワームを呼び出した商人に剣を向け、命乞いする商人に一瞬希望を持たせた後、その首を斬り落とした。

彼はレナに、追跡魔法を使って攪乱したはずなのに、どうやって追跡できたのかと尋ねる。

これは偶然で、ナニャウとシャルニアンは追跡魔法を追って違う場所へむかい、レナは、もしここに彼が向かったら危険だと思い警告するために来ただけだと答える。

だがその警告も余計なお世話だったようだとため息をつく。

彼は、私を心配してくれたのかと言うと、同行しているか弱い女性が心配だったと、レナは言い訳する。

レナは話題を変え、帝国の西に多くのダンジョンがあるのだが、皇帝が西部の魔物を刺激するよう暴れている、このような商人が砂漠の神の召喚笛を持っていることがおかしいと話す。

角笛はもともと、イエメラの司祭長・灰色の枢機卿グレイシアムが持っていたもので、おそらく無分別に使いそうなものに渡すよう命じられたのだろうと言う。

そのように討伐対象を作りながら、西部を皮切りに、帝国に反旗を翻す自由連合を討つつもりなのだと。

ちなみに北西でレアンドロ侯爵がバシリスク討伐を始めたばかりらしい。

危うくレアンドロ侯爵とすれ違ったかもしれないと、ゾワっとする彼は、レナに礼を言い、情報料はいくらかと訊くと、盗賊団たちからかなりの金を漁ったので、必要ないとのこと。

レナが彼に敵意を向けないので、彼は、過去での彼女との最後のやり取り(80話)を思い出す。

するとアイザックが出発するぞと怒鳴り始めた。

レナが、彼らのル・リウム探しがうまくいくといいと言うので、レナも探していたのではないかと彼が聞くと、もっといい入手方法があるから大丈夫だと答えた。

彼女は去り際に、装飾されたレナのペンダントを投げてよこした。

それを持って首都で会った時にスカウトすると言い、彼女は馬に乗って走り去った。

レナのペンダントの形が変わったことから、復活を繰り返すことでこのような些細なことまで変化していくのかと考える。

また、シナリオクリア特典で、色々能力が強化されたので、彼はレナには世話になってばかりだと実感した。

その後、砂漠を進む彼ら。

彼は、T&Tギルドがル・リウム関係ではでにやらかすという話をする。

ル・リウムが大量にあるのは皇室なのだが、アイザックですら足を踏み入れることができない。

数百年生きるアイザックにとって、同じく長命のナニャウはひよっこ扱いだが、彼女はル・リウムに関してかなり詳しいので、一度探ってみてもいいかもしれないと言う。

アイザック本来の力が戻れば、皇室に入れなくもないのだが、アイザックにかけられている各女神(イリエン・イエメラ・ビルホン)の異なる呪いを解除しない限りは、力を戻せないのだという。

アイザックが女神の神殿を、快楽のパーティー会場として穢したのが呪われる原因だった。

ルビアは、これから行くのはイエメラの神殿なのに、呪われたアイザックが行くのは問題のないのかと言うと、アイザックは案があると勿体ぶるので、彼の堪忍袋が切れそうになる。

イエメラの神殿は入ることが問題だと言うアイザック。

彼らはイエメラの神殿の前に到着したのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」111話の感想

レナはなんだかんだと彼のことを気にかけてくれています。

さらに、強化されたレナのペンダントを渡してくれました。それだけ彼を信頼しているのですね。彼とレナのこれまでの冒険が無駄にならず、良かったですね。

レナは情報通なので、おもしろいことを教えてくれました。皇帝はあちこちでモンスターの災害を敢えて起こし、その討伐だという名目で、兵士を送り込んできているというもの。従わない領主を始末したり、帝国はやりたい放題ですね。

こうやって大地に血が流れることは、魔王復活にさらに近づくのでは。それに駆り出されているバティエンヌを気の毒に思います。

バティエンヌについては、少女公爵に狙われたり、恋人を殺されたり、ボティスの配下に殺されたりと気の毒だと思うことは多いのですが、アイザックについては自業自得でしかないですね。

でもまさか3人の女神から呪われているとは思いませんでした。アイザックほどの呪術師を押さえつけるには、神クラスでないと無理なのですね。性格はアレですが流石です。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください