漫画「もう一度、光の中へ」10話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「もう一度、光の中へ」原作:TicaTica、漫画:YUYA、原題:다시 한 번, 빛 속으로

恋愛ファンタジー漫画です。1~3話まで一気読みでき、4話以降は毎日1話ずつ無料で読めます。

毎週土曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「もう一度、光の中へ」10話のネタバレ

アイシャに初めて名前を呼んでもらったイシスは、感激して涙を流し、もう一度呼んでほしいとお願いする。

アイシャは、見返りもないのに愛してくれる家族に心を開き始め、イシス、ママ(皇后アイリス)、パパ(皇帝ティリオン)と呼んだ。

そんな微笑み合う家族を、遠くからアルセンが見つめていた。

アルセンは、アリサを排除してマリアンヌばかり可愛がる、自国の皇族を思い出し、顔を顰める。

そこへアルセンの師匠がやってきて、エルミール帝国の皇族と見比べて、イデンベルの皇族は恥ずかしいほど滅茶苦茶だとぼやく。

皇族を侮辱した罪は重いため、アルセンは誰かの耳に入ったらと焦るが、師匠は、間違った事は言っていないし、老いた自分に未練はないと言う。

アルセンもまた、アリサを殺したイデンベルの皇族を理解できないでいた。

もし彼女が処刑される前に知っていたら止められたのではと、アルセンは悔やみ、今でも彼女の笑顔を忘れられないでいた。

涙を流すアルセンは、アリサの死の真相を明らかにすることを決意し、彼の師匠もアルセンに協力することに。

アルセンの決意を後押ししたのは、アイシャの存在だった。

そうして6年後、成長したアイシャは、朗らかな笑顔をみせるようになっていたのだった。

漫画「もう一度、光の中へ」10話の感想

心温まりますよね。凄惨なスタートでしたが、エルミール帝国の温かさに癒やされます。

騎士の国だからか、皆まっすぐな心根の持ち主です。その愛情に裏表もないのでしょう。

人を信用できなかったアイシャも、彼らを受け入れることにし、7歳になる頃には、無邪気に笑えるようになっていました。

アイシャの前世、アリサの幼馴染みアルセンは、アリサの死の原因を探るべく、動き出したようですが、6年後にはどうなっているのでしょうか。

マリアンヌを断罪できるのでしょうか。かえって危険な立場に追いやられていないでしょうか。

アルセンはアリサの魂に励まされていましたね。二人の絆はそうそう切れるものではないようです。

ぜひアルセンに頑張ってもらい、罪を明らかにして欲しいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください