漫画「盗掘王」329話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」329話のネタバレ

煽ってくるロキに、煽り返す遼河は、前回手に入れた蚩尤の面を装着する。

この少し前、遼河はヘファイストスとネロを使い、蚩尤を凍結から解放した。

蚩尤は遼河に興味をもち、完全に従うわけではない、時間をかけて見極めるのだと言いながら、面へと姿を変えた。

そして現在、蚩尤の面を着けた遼河は、鬼神のような姿に変わり、霧を自在に操ってロキを圧倒した。

粉砕霧は蚩尤の能力だった。

蚩尤を大監獄に閉じ込めた奴らは、蚩尤の霧の能力を奪って罠に使っていたそうだ。

追い詰められたロキは、コウモリに変身して逃げ出し、パンドラ軍団のところへ。

粉砕霧で防御遺物を破壊してしまえば、パンドラ達は手も足も出なかった。

だが十戒の遺物が残っていたので、粉砕霧で囲んで光を押さえ込む。

十戒を倒すために、遼河が粉砕霧を十戒に全て使っていたため、パンドラ軍団周辺の霧がなくなった。

パンドラの隊長は、この隙に遼河の仲間を処理しろと命じる。

ユリアンと雪は疲れ切っていたが、なんとか戦うつもりだ。

遼河の方は、十戒を囲んで攻撃してみたものの、十戒の光線を遮るものがなく、全身で光線を受ける羽目になった。

そこで、すぐに終わらせるために、攻撃を強めることにしたのだった。

漫画「盗掘王」329話の感想

蚩尤(しゆう)を従えることができ、遼河は、兜ではなく面を手に入れました。

装備すると、全体的に黒い、狐のような鬼神姿に変わりましたね。前のマジェスティもそうだったのでしょうか。

イリヤを殺した粉砕霧の能力をもつので、かなり強力です。恐ろしすぎます。

パンドラ団員のような生身の人間に使ったら、スプラッター漫画になるのではと気がかりだったのですが、彼らが防御遺物を持っていて良かったです。恐ろしい漫画にならずに済みました。

あまりに強力な能力なので、同じ神系でも、変身ができるだけのロキでは、相手になりませんでした。

十戒には苦戦していましたが、どうなったのでしょうね。ささっと倒して、ユリアン達を助けなければなりませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください