漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」179話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役のダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

※前回のエピソードはコチラ

※登場人物まとめはコチラ(ゆっくり編集中です)

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」179話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

本当の皇室は、彼は極限の華やかさを経験し、僅かだが、会計スキルLv.1が上昇するほどきらびやかだった。

レアンドロが来たおかげで、城内の結界が解かれていたので、進むことができたのだった。

秘密の場所に繋がるという、庭園に設置された天使の彫刻のもとへ。

オブジェの下は深い穴になっており、ナニャウはさっさと飛び降りる。

ナニャウは、ここの彫刻は全て聖遺物だから気をつけて降りてくるように言う。

彼がナニャウの所まで降りると、レアンドロのおかげで簡単にここまで入ってくることができたと、ナニャウはテンションが高かった。

目的の鉄扉の前にくると、彼は何者かが近づいてきているのに気づく。

すると先程の穴から、レアンドロの愛馬ミユが落ちてきた。

彼とナニャウは、この馬は主人のレアンドロを探しているだろうから、置いていったところで帰らないこと、むしろレアンドロ捜しに役立つであろうことから、馬を連れて行くことにする。

鉄扉を開けて中に進むが、彼は、アイザックもこの先を見たかっただろうと思い、早く目覚めることを祈った。

その頃レアンドロは、松明を片手に、皇室の地下通路を進んでいた。

すると、壁面の松明に突然火が灯り始め、頭が2つのモンスターが現れた。

そのモンスターは、全ての剣士が求める剣身一体を手に入れた死刑執行人だと名乗ると、死刑囚の小さな死神や、ゆっくり笑うステイシャを殺したと自慢げに笑う。

ゆっくり笑う理由はなんだったのだろう等と言いながら、死刑執行人はレアンドロに襲いかかるが、レアンドロはやすやすと躱した。

レアンドロは、ステイシャが親から虐待を受けたせいで、表情を作るのが苦手だったことを知っていた。

死刑執行人が、何故ステイシャに詳しいのかと言うので、レアンドロは一瞬で死刑執行人を斬りつけ、誰がステイシャ達を捕まえたと思っているのかと言うのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」179話の感想

今回はだいぶギャグ寄りでしたね。ミユの小柄さがどうも気になります。

真の皇室は、見るだけでもスキルが上がったり、聖遺物まみれだったりと、規格外のエリアでした。周囲は明るく、手入れが行き届き、普段の帝国の陰鬱な雰囲気とは全く違いますね。

しかしその地下は、どう見ても魔族な死刑執行人がいました。魔族かキメラかよくわからなかったので、モンスターと書きましたが、一体何なのでしょう。肉体を捨てたと言っていたので、元は人間だったのでしょうか?

表面はキレイでも、隠れたところはこのようなモンスターがいるので、皇室と魔王との繋がりを感じますね。

死刑執行人はステイシャを殺したことを自慢げに話していましたが、秘密のエリアに、わざわざ罪人のステイシャを連れてきたのでしょうか。

また、レアンドロが相手をしたから、今一つあのモンスターの実力がわからなかったのですが、彼やナニャウだと苦戦する敵なのでしょうか。

そういえば、レアンドロに加勢しようとしている彼の行動は、レアンドロを怒らせるだけだと思っていたのですが、レアンドロの愛馬ミユを保護していただけだと言い張れば、レアンドロは理解してくれるかもですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

2 COMMENTS

TaoCheng

ミユが小柄なのはピポグリフに追い立てられた普通の馬(農耕、作業用か?)であって、軍馬ではないからかもしれません。
レアンドロが単独行動を好むのも威風堂々の軍馬と比較されミユが嘲笑されないためかもしれません。またレアンドロは長身ですので目立ちますよね。

あと今まで戦闘マシーンのような描写がされてきたレアンドロが、自分が捕まえた犯人のプロフィールを憶えてたのは新しい発見ですね。
そんな人情味のあるレアンドロだからこそ、少女公爵は帝国の暗部を全て見せた上で後を継がせようとしているのでしょう(もちろん実力がともなえば)
死刑執行人は、あんな見た目ですが帝国の有力な人物でしょう。門番や見せ物としての役目ではなく(カメラに相当するような魔法技術は本作では出て来ていない)個人的な愉しみのために、コストを払い捕まえてきた死刑囚を殺害出来るのですから相当なものです。
彼の実力は「剣身一体」の効能次第ですが、単なる巨漢だとするなら、パワーではル・リウムを吸収したナニャウには全く及ばず、骸骨の彼なら雷電ダブルキャストで瞬時に破壊出来るでしょう。ただ律儀に肉弾戦に応ずるなら、もしかしたらブロディ・バルドフより強力かもしれません。

返信する
猫野

すみません、最近忙しくて返信が遅れています;;
なるほど、確かに軍馬じゃないかもしれませんね。ミユやステイシャのことを考えると、レアンドロは意外にも人情味があるのかも痴れないですね。死刑執行人も特別扱いされてるので、有力者かもというのは納得です。デザインのせいか強そうに見えず、ナニャウや彼には負けそうですよね。噛ませ感がプンプンです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください