漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」180話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

毎週土曜日に最新話が更新されます

※前回のエピソードはコチラ

※登場人物まとめはコチラ(ゆっくり編集中です)

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」180話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

レアンドロは、死刑執行人を一刀両断すると、全10階あるフロアのまだ8階だったので、先を急いだ。

一方、骸骨の彼とナニャウは、暗い洞窟を進み、10と書かれた石碑があるエリアに到着した。

そこは、キマイラのような奇妙な生き物がいる草原だった。

彼はその生き物から、幼虫に似たようなものを感じる。

ナニャウは、この場所自体が巨大な実験場の副産物で、帝国全体が実験室のようだと言う。

するとミユがレアンドロの足跡を見つけ、彼らを急かすために、自身の背に乗せた。

彼とナニャウはミユの背に乗り、目的地はミユに任せ、草原を駆けた。

野獣が襲ってきたので、彼とナニャウは連携して始末し、ミユはジグザグに走って避ける。

崖を飛び降り、行き着いたところは、ところどころマグマが吹き出る場所だった。

地面にはチュパカブラが嫌うハミガキの実が置いてあった。

ナニャウはそのことを知っていたのだが、彼は、何故ナニャウが詳しいのかと引っかかる。

溶岩エリアを進んでいたので、熱を感じない彼は、熱くはないのかとナニャウに尋ねる。

ナニャウが言うには、熱いことは確かだが、本物の溶岩ではないそうだ。

だがレアンドロを探して進む先は、マグマの滝だった。

さすがにこれはと困惑していると、何を思ったか、ミユが彼らを背に乗せたまま、滝に向かって飛び出したのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」180話の感想

死刑執行人は、あっという間に殺されましたね。謎の噛ませ役です。

レアンドロがさくさく先を行く中、彼とナニャウは一時間かけて洞窟を抜け、10階と思われる生気にあふれたエリアに到着しました。

幼虫と近いものを感じたこと、帝国全体が実験室という言葉から、幼虫の能力は魔王の権能ではないようですね。ガルベラを参考に、何者かが作りあげたのでしょうか。使いの血を得た皇室内部のものが、帝国を支配するために作り上げたのでしょうか。

ナニャウの言葉も不自然だったようで、もしかして彼女はシナリオ通りに動いているのでしょうか。この皇室の秘密の場所に来るのも、今回のシナリオの展開として、設定されたものかもしれないですね。

話は変わりますが、ミユは、さすがレアンドロの馬だけあり、あの体格でも二人を乗せて走りまわっていました。これほどでなければ、レアンドロの馬は務まらないのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

4 COMMENTS

TaoCheng

今回のナニャウと骸骨の彼のチャレンジはアイザックが起きていたら叱られるようなハイリスク、ローリターンのものかと思いましたが、溶岩地帯に居たであろう「火山ゴーレム」とやらも、レアンドロが事前に排除していたようなのでリスクは予想外に小さいかもしれません。
ただレアンドロの足跡から外れているであろう場所の重要施設、ル・リウムの保管庫や書庫には強力な番人が残っている可能性がありますね。
特にル・リウムに関しては灰色の騎士が関わっていると骸骨の彼も推測してますが、実際のところ灰色の騎士は帝国の戦力が大規模に殺害された時の保険みたいな形で出現しています。だから派手に暴れない限り意外と遭遇しないかもしれません。
前々世に比べ骸骨の彼もナニャウも大幅にレベルアップしてますが、インベントリにアイザック(ル・リウム無し)が入った状態で灰色の騎士の結界攻撃を受けた場合、どう脱出するのか見当もつかないので要注意ですね。

返信する
猫野

確かに、彼とナニャウが戦闘もなく、ただ進むだけだったのは、レアンドロが通り道の敵をあらかた始末していったからですね。他の重要場所には強敵が残っていることや、灰色騎士が保険のような形で出現するのは同感です。
アイザックはどの程度、外を把握しているのでしょうね。アイザックが灰色騎士に直接接触した場面はこれまでなかったので、灰色騎士に遭遇したら何が起きるのか気になります。

返信する
TaoCheng

アイザックはインベントリの中で“観察、分析、変換“など能動的な行動を忙しくやっているので、外部の動きはほとんど把握できてない気がします。

ギス・ゼライとナニャウは灰色の騎士が現れた途端に平静心を失ってましたが、アイザックなら空間に穴が空いた時点で灰色騎士が何者で、どうすべきかを冷静に見抜きそうです。
103話で冷や汗一つかかずに骸骨の彼が受けたシステムからの攻撃を解除してたので、灰色騎士がシステム上のペナルティキャラなら何とかできそうです。
逆にセイロン並みのパワーを持つ単なるタイタンだったりしたらギャグ顔になってワタワタ慌てるかもしれません。

返信する
猫野

なるほど、確かにアイザックは忙しそうですものね。早くアイザックの変換が終わって欲しいです。
アイザックも上位者であったようなので、灰色騎士に対抗できるかもですね。
最近はコメディ風な場面が多いので、灰色騎士を前にしてのギャグ顔、あり得るかもしれません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください