漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」登場人物まとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

登場人物が多いので、まとめてみました。

※ゆっくり追加・訂正していきます。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」登場人物まとめ

骸骨兵士(主人公)

無名の骸骨兵士。死んでも記憶と能力を保持したまま復活できる。レベルだけはリセットされるが、表面的なもので実際のレベルとは違う。

あの世界のゲストであり、蒼天の窓と呼ばれる青い画面でステータスの確認等ができる。

特定のキャラクター相手にシナリオが発生し、復活する際は、そのシナリオに沿った指定ウェイポイントで復活する。

特別なことが起きる、判明する等、彼に変化があったときに同化率が減少するが、何の同化率かは不明。

ネクロマンサー、ギス・ゼ・ライから譲られた精髄の吸収というスキル(エピック)で、死んだ者からスキルを吸収することができる。

初代皇帝が倒した使いの血である、ル・リウムを彼自身が使用すると、その効果は復活してもリセットされない。

アイザックによって、ル・リウムを使う回路を骨に刻まれており(魔王マルパスの印章付き)、この回路も何度復活しても消えない。

兵士ポイントを獲得し、商店での購買力の%を上げ、100%に達すると世界否定を選択することができる。

シナリオキャラクター

レイ・ルビア(S級シナリオ)

帝国南部の小さな都市エラストの領主、レイ伯爵の娘。

皇室に否定的な父親が暗殺されたため、領主の座を巡って叔父のレイ・カークと争う羽目に。

彼が初めて会ったシナリオキャラクターで、小さい頃から蒼天の窓が見えていた(100話)

彼の復活とともにほとんどの人の記憶と能力がリセットされるが、ルビアは保持している。

博識で、古代語、ルン語、東方の言語を理解することができる。

シナリオ目標は、ルビアをエラスト領主にし、統治レベルを10まであげること。

レナ(B級シナリオ・クリア済み)

T&Tギルドに所属している。妹がおり、保育園に預けている。

レナもルビア同様、記憶と能力を保持していた。

シナリオ目標は、レナをT&Tギルドの支部長にすること。

彼女をギルドの支部長にすると、闇の中の助力者シナリオ(レナとの関りが深い場合常にシナリオが生成される)が追加される。

高い好感度があっても、彼女はいつでも裏切るかもしれない。

ギス・ゼ・ライ(?級シナリオ)

半身人間・半身骸骨の、最強のネクロマンサー。

暗殺教団レッド・フレークのメンバーだったが、皇帝暗殺を引き受けるために、レッド・フレークを抜けた。

皇帝暗殺を成功させるが、その皇帝は本体ではない上、空間を裂いて現れる灰色騎士に毎回殺されてしまう。

5人の首なし騎士(ギルラウト、オーウェン、アンドレ、フェンリル、ハメルライン)と、死者軍団を率いている。

リントヴルム(古代ドラゴン)の骨を探しているようだ。

主人公の骸骨兵士がもつ、エピックスキル・精髄の吸収の元の持ち主。(このエピックスキル保有者は1名が正常らしい)

カリン・クレクソール(?級シナリオ)

連合国の有力家門クレクソール家の女性。戦争の参席議員。

運命の導きを感じ取ることができる。

幼少時に保護したルイ・クロードがカリンの補佐官。

帝国

エルトン・クレメンス皇帝

銀髪。セイロンの血筋であることの証明に、歴代の皇帝たちは全員銀髪だった。

ローランス・タルティーエ公爵(少女公爵)

通称・少女公爵。皇室情報機関の長で、ビブリオから権能・隠ぺいを借り、同じく隠ぺいを使用できる幽霊たちを従える。

気配遮断の結界(隠ぺい?)、自己主張の結界、真意の判別の結界等、5つの結界をまとう。

剣がなくても剣気を出すことができる。

バティエンヌ・フォン・レアンドロ侯爵

帝国直属の騎士団のうちの一つである青獅子騎士団の団長であり、帝国最強と呼ばれる4剣主の1人。

剣主の武力では4番目とされているが、実力を隠しているため、そうではないらしい。

セラフィムという真っ白な剣を持つ。

恋人である皇室騎士団長イザベル・シモーヌ伯爵が殺されたことが原因で、皇室を裏切る。

イザベル・シモーヌ伯爵

皇室騎士団長。皇帝の南部歴訪の際、皇帝暗殺をしかけたギス・ゼ・ライによって死亡。

追跡装置がついた白いミスリル鎧を着ている。

灰色の枢機卿グレイシアム

女神イエメラの祭司長。砂漠の神の召喚笛を持っている。

3人の女神の権威にこだわりがある。

レイ伯爵

帝国南部の小さな都市エラストの領主。

妻は娘ルビアを産んで死亡。

帝国の戦争に反対したため、皇室によって暗殺された。

レイ・カーク

先代エラスト領主レイ伯爵の弟。

兄亡き後、正統継承者である姪のルビアから伯爵領簒奪を謀る。

チャンドラー・ハーバード

グラスミア領主。

商人連合のカードを5枚集めた正規会員。

チャンドラー男爵

チャンドラー家の後継者。もうすぐ25歳。

チャンドラー家の後継者は、25歳になるとアイザックの棺桶と自分の体をつなぎ、死ぬまで生命力を与えることになるが、骸骨の彼がアイザックを外に出したため、父子共に助かった。

魔王の祭司長

ベル・ホメット・アイザック

魔王マルパスの大祭司長。

かつて帝国南部を支配した大呪術師で、軍師の才能もある。

普段はマルパス像に憑依し、1羽のカラスとして活動している。

女神イリエンの光から逃げているためか、ずっと地下の棺桶にいた。アイザックには、三人の女神からそれぞれ異なる呪いがかけられているため、力が制限されている。

チャンドラー家の地下に閉じこもり、300年間チャンドラー当主を操り、その目を通して情報を得ていたが、骸骨の彼によって外で活動するようになる。

アイザックが建て、末裔たちがすごすマルパスの教団は、アイザックの愛犬ジョシュアのトーテムを心臓部にして結界が張られていたが、プルソン信者によって破壊され、末裔たちは拷問されて無理やりプルソンの生贄となった。

性格にやや難があり、何度も骸骨の彼を騙し続けたため信用がなかったが、自分の身を犠牲して彼を助けたことにより、信頼回復した。

マルパスの祭司長になったのは、マルパスの背に乗って蒼天の穴の向こうを知りたかったからであり、蒼天を解明するために骸骨の彼と一緒に行動している。

骸骨の彼が蒼天の穴の客であること、復活することを知っている。

ビブリオ名誉公爵

魔王ボティスの最初で唯一の大祭司長。ネクロン紳士会の宗主。

皇帝からあらゆる爵位を与えられたが、全て名誉職なので領地はなく、普段は貧民街にいる。

人間が作り出された目的は苦痛だと考えているので、苦痛を再現するために、生きている人間を使って作品作りをしている。

ボティスの権能・隠蔽を、幽霊と少女公爵に貸している。

魔王

全部で16の魔王が降臨する

ボティス

朝を食う蛇、醜悪公。大きな角が2本生えた半身人間、半身大蛇の姿。

ネクロン紳士会が崇めている。祭司長はビブリオ

ボティスは疑り深いので、管理しているのは祭祀長一人・ビブリオのみ。

権能は隠蔽。

プルソン

端正王。熊にまたがり、ラッパを持つライオン獣人の姿。

T&Tギルドが崇めているが、ナニャウを支持するギルドメンバーは違う。祭司長は不明。

マルパス

黄金の夜明けの主。大きな烏の姿。祭司長はアイザック

アイザックの末裔が、プルソンの信者によって絶滅させられたので、信者はアイザックのみと思われる。

特典スキルはと魅了(マルパスのみ)、暗黒(魔王の半数が持つ)。

バアル

ヒキガエルと猫と人間の頭がついた蜘蛛型の姿。

『破滅したクモの納骨所』に祭壇がある。

骸骨の彼は、人間対魔界時代にバアルの支配下にあった。

セーレ

崩壊のセーレ。ダークグレーの肌で白髪の女性の姿。

骸骨の彼がエラスト・トーナメントに参加する際、名前を借りセーレ・ザガンと名乗った。

ザガン

暴れ牛のザガン。赤いミノタウロス風の姿。

骸骨の彼がエラスト・トーナメントに参加する際、名前を借りた。

レラジェ

ダークエルフが崇拝する鳥を狩る魔王。

ダークエルフの聖地にあるレラジェの神殿は、ケビン・アシュトンの遺跡でもある。

女神

光の女神イリエン

リジェントダイヤモンド『イリエンの涙』は、周辺の魔王の加護を無効化する。

懺悔の女神イエメラ

西の砂漠地帯に神殿がある。神殿の守護者として、クイズ好きの巨大亀のワドゥルス(ランクS-)がいる。

火の女神ビルホン


それではここまで読んで下さってありがとうございました

27 COMMENTS

Google翻訳の文法で申し訳ありません

おお、本当にこのようなまとめ記事を作成するために時間を割いて感謝しています。(まさに昨年私が探していたの記事)

将来的には、ストーリー全体の筋書き、長い伏線シリーズの手がかり、登場人物の強さや関係などに関するメタ的な考察をそのような場所に集中させることができ(それについて考えるところ、各話記事のコメント欄で話す必要はありません)、人々が需要な情報を見つけるのにより効果的になるでしょう。

将来的には全キャラクターの強さ「格」粗いランキング(当社比)考察記事をやるなどいかがでしょうか?(実は自分でやりたいだけから、少し恥ずかしい)
かつて猫野さんが疑念を表明された少女公爵と魔塔主との強さの比較(138話)などの内容も考察したいと思います。

返信する
猫野

そうですね、各エピソード記事で話す場合、どの話題かわかりやすくていいなと思っていたのですが、全体を通しての考察やランキング付けを話すなら、独立したページがあったほうが良いですよね。以前フォーラムを実装しようか探していたのですが、思うようなものがなかなか無く・・・色々なページが中途半端なままなので、気長にお待ちください;;

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

ここにいくつかのアドバイスがあります:

この記事のLINKを対応する「各エピソード全話ネタバレ一覧」の記事に統合しませんか?(このブログには現在、「考察用」の記事はこれしかないよう、特殊なケースですが)

もしこの記事の各登場人物について、彼らの過去(前世)の人生の生涯簡史を記録するなら、より良いでしょう。(それが明らかにされた場合)
本当にまとめWIKIのようになりたいのであれば、物語の各エピソードに散らばっている各登場人物のステータス情報などを整理することもできます。(ただし、個人のブロガーにとっては、さすがに期待するのは難しい苦労です)

返信する
猫野

ひとまず、ネタバレ一覧にリンクを貼り付けました。(忘れてました。ご指摘ありがとうございます)おそらく今後もエピソード数はどんどん増え、ページも縦長に伸びていき、かなり見づらくなるので、それぞれ独立したページでまとめていこうと思っています。
考察用には、そのうち年表を足したいと思っているのですが、いつになるかは不明です・・・
登場人物まとめは、途中から読み始めた人がなんとなくキャラクター像を掴めればいいかなと思い、あまり深掘りしないつもりです。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

本文について:

骸骨兵士(主人公)の部分について、75話で示唆されている主人公の正体の謎と102話で起こった異常な状況を記録してとでしょうか?(兵士ポイントでもすでに話されているので)

レアンドロの部分について、すみません、「実際は剣主最強」という記述またはほぼ必然的な推論はどこに現れたのでしょうか?自分は印象がないようです。

返信する
猫野

主人公にについては、墓に名前がなかったり覚醒したり等、色々と書ききれていないことがありますが、ストーリーに何度か登場する情報をとりあえず優先的にまとめています。
レアンドロについては、何かの情報とごちゃごちゃになってしまったみたいです;;訂正しました。ありがとうございます。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

本文について:

『リントヴルム(古代ドラゴン)の骨を探している。』
などまだ「憶測」の段階にあることにとっては、推測的な肯定文を使って表現したほうがいいでしょう。

『魔王ボティスの唯一の大祭司長。』
ビブリオが「ボティスの最初の司祭長」と名乗りことにも言及するのはどうでしょうか?

『T&Tギルドがプルソンを崇めている。』
これは「T&Tギルド全体」ではないというメモはどうでしょうか?(特に新しい読者のためのこの記事の意図を考慮して)

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

本文について:

ギスの部分について、エピックスキル精髄の吸収の元の持ち主としてのことを言及するのはどうでしょうか?それは物語で非常に重要な要素だからです。(そしておそらくキャラクターについての大きな伏線でもあります)

『アイザックの末裔はプルソンの生贄にされてしまったので、現在の信者はアイザックのみ。』
この事実は今までに明確に言及されていますか?
今まで、世間に魔王の信者たちがただ唯一の教団に結成しているかどうかはまた知らないようです。(加護は、司祭長を介して得られているようですが、同時に複数の司祭長がいる可能性があるかどうかはわかりません、異なる宗派の教団が存在可能性があります)

返信する
猫野

ギスのエピックスキルの部分、追加しました。ご意見ありがとうございます。
マルパスの信者数についてですが、96話で骸骨の彼がアイザックに、崇拝者がいなければ意味がないと指摘し、アイザックも記憶を読んで末裔が絶滅したと知ったことから判断しました。司祭は宗派ごとにいても、アイザックやビブリオのような大祭祀は1人ではないでしょうか。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

今のところ、確かに司祭長はただ一人であると感じています(以下の司祭と宗派は別に)、この作品の設定は魔王から直接与えられた権能であるため(教権神授)、せいぜい所属関係だけであり、異なる宗派に分割して異なる祭司長の概念を持つことは困難です。
ビブリオの発言から判断すると、魔王が長らく時間に祭司長を交代する可能性があり、中間管理職に全権を委ねるというある種の方針のようで、権力、力を再分散するよりも、自然に一度に一人だけエージェントとしてにする傾向があるように思います。
上記の2つのポイントの前提は、魔王が同時に多数の異なる人間と接触し、別々に権能を与える場合を除いて、正解であるはずです——彼らはそのようなスタイルではないと思います。

しかし、祭司長が所属する司教区とは別に、外をさまよって一人で行動する他の信者、または支部のような小教団がありませんが?
魔王の加護を維持するためには、司祭達が契約や儀式を行う必要があると言われれば、そのような状況は現実の宗教よりも少ないでしょう。重要なのは、この点で祭司長以外の司祭がどれだけの役割を果たすことができるかということです。(例えば、T&Tのプルソン信者派を上手く率いることができるアエザールのは、祭司長かどうかはわかりません。)

さらに、ここで最も重要なのは、この「末裔」を実際にどのように解釈すべきかということです。 マルパス教団のではなく、アイザックのだけの場合、この種の発言は、アイザックの末裔ではない他の信者の可能性を残すようなものです。

返信する
猫野

たぶんですが、マルパスを使いたいアイザックにとって、自分が認めたもしくは育て上げた末裔以外、自分と違う思想の信者は邪魔なので、マルパスに取り次げないようにしているか、排除しているか手を打ってあると思います。
確定したことではないので、アイザックのみという文は削除しておきますね。ご意見ありがとうございます。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

確かに、アイザックが祭司長として管理した場合、彼はおそらくすべての信者を彼の支配下に置くでしょう。 そして、彼の末裔はすべて絶滅したと言われているので、他の場所にまだマルパス信者がいる可能性は比較的低いです。
これまでに確定された事実のみが記載されている限り、アイザックのみという文を完全に削除する必要はないと思います(メモする価値のある情報だから)。残りの末裔と信者などの存在と関係の考察は、読者自身に任せろ、それはまさに原文のテキストが伝えていることです。

返信する
猫野

なるほど、断定しないで記入しておきます。ありがとうございます。

Google翻訳の文法で申し訳ありません

そういえば、なぜアイザックは今回の生(154話から)に主人公にマルパスと契約を結ぶことを考えなかったのですか(魔王もリセットされている限り)?暗黒は本当に便利で、人々を忘れられないものにします。

やはり、マルパスから加護させるには、戦争編のような生贄に捧げるの量が必要のメカニズム、または考慮すべき他の副作用があります。
そして、このように考えると、一見ほぼ無条件に少女公爵以上の権能を貸すことができるのビブリオとボティスは異常ですね。これは、ビブリオが最初で唯一の大祭司長として、そのような好意と信頼を得ることができると言ったことでしょうか?大胆にボティスに彼の計画を実行するためにこの裁量を持っているように頼むことです。

返信する
猫野

確かに、マルパスに比べて、ボティスとビブリオの加護レンタルの手軽さは、変わっていますよね。
ボティスとビブリオの関係も不思議ですよね。貸すことで、実はこっそり何かを得ているのでしょうか。

返信する
TaoCheng

おそらく骸骨の彼が他の魔王と契約した場合のリセット用の枠を残しているのでは?
個人的にはチャンドラーやクリスティーナらB級シナリオ組に契約者になってもらい今後の紛争の生存率を上げて欲しいですね。無事にアイザックが復帰できればの話ですが。
ビブリオの権能の貸し出しに関してはネクロンの犯罪を祭祀の力に変えていたのかと思ってましたが、あっさりネクロンの全滅をビブリオが許していたので「皇室の力の源」とされる莫大ななル・リウムが関係しているかもしれません。
ただ135話では戦争中にカラスが追い上げたとか、ボティスが勝利したなど、ボティス自身が言っているので、やはり人間の血をビブリオが色々な方法で長年捧げていたのかもしれません。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

そうですね、主人公は以前にその計画を拒否しましたが、今後に他の魔王を利用できるというアドバンテージを放棄するという意味ではありません。(そもそも本来はかなりの代償がかかりでしょう)

彼らが「皇室の力の源」と「帝国」 どういう国家勢力に支持させる場合、確かに現在のマルパス教団によって完全に手の届かないほどの資源(どんな形、メカニズムでも)を持っている可能性があります。大量の虐殺を必要とせずに簡単に大きな権能を貸すことができる状態に。

この観点からすると、この世に降臨するための代理人による捧げの戦争では、ボティスは準備の初期段階ですでに大きなアドバンテージを占めていたようですよね?
他の魔王は何を考え、行動しましたか?それらの間のメタゲームはより壮大で複雑になる、皇室全体の現在の行動の話の背後にさらに隠されます。
主人公の最初の生で16名の魔王が降臨したことを考えると、結局のところ、彼らの間の勝負は、今のところ早くは決定されないでしょう? (自分が勝者だと信じていたボティスでさえ、他の魔王たちと一緒に勇者によって討伐されるのようです。水面の下に隠されているものがまだ多すぎます)
そしてすでに登場しているアイザックなどの重要なキャラクターは、その生の中でどのように行動したかを今後ゆっくりで考察する価値があります。

現在、作中の真の強力な力体系の源は、常に魔王や使いなど正体不明の伝説の存在であるようです(たとえば、魔王の加護やル・リウムなど )。実は、これまで正式に登場した表舞台最強のキャラクター達(司祭長、少女公爵など)は常に彼らに従属しているように見えます、彼らは文字通り「格違い」の力を得るために関与しなければなりません。
そうでなければ、ナニャウの例が既にある。たとえ彼女が300年生きていても、レアンドロレベルの戦闘力にしかなれず、長生者である他の2人の祭司長の全能感も持っていません。これらの高次元の存在に本気で触れなければ、早く成長限界に達すると推測されています。(骸骨の彼は平骸骨兵士として、ずっと前に成長の余地がないはずであるという事実と同様に)

返信する
TaoCheng

そういえば海外のファンサイトによるとチャンドラー男爵の本名は、チャンドラー男爵のようですね(!?)
正確には男爵(Namjak)という韓国語(?)がモデルと思われる言語の名前みたいです。
ハーバートの妻が東方などの帝国外出身なのかもしれません。
もし南部連合の地位が向上したら、グラスミア侯男爵などと面倒くさい事になりそうです、、

返信する
猫野

そうだったのですね。チャンドラー男爵の鎧も東方を感じさせるデザインなので、そうかもしれませんね。モヤっとさせる悩ましい名前ですね・・・

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

…つまり、よく考えてみると、実際この作品は、チャンドラー家の人間が男爵の爵位を持っていると言ったことは一度もありませんか?それらはすべて、キャラクター「チャンドラー男爵」の名前を出したときに言及した「男爵」という二文字にすぎません。つまり、我々はこれまでのところ、貴族社会におけるチャンドラー家の地位(爵位)を判断することはできませんでした。
今までずっと「チャンドラー男爵」を当然のように男爵として理解しでいたのは私だけではないでしょう…

返信する
TaoCheng

チャンドラー家は、おそらく長年の帝国への貢献を評価されての名誉男爵かと思います。

男爵(Namjak)の実力は剣気も使えず、青獅子騎士団やオスカル伯爵の配下に比べ相当に劣るもので、ラインバーグ男爵は彼を呼ぶ際、男爵ではなく「領主」と言ってるのも、武功のある自分と対等に扱っては、むしろNamjakの恥となるであろうという気配りかと思います。

男爵という本名の呪縛ゆえかもしれませんが、彼はレアンドロに並ぶ騎士らしい人物ですので、何とかして実力を身に付けてほしいところです。86話では剣の才能の無さを骸骨の彼に呆れられるレベルですが、マルパスと契約すれば剣主レベルに達する可能性もあります。
南部連合に加入したのを機に帝国法(魔王への崇拝を禁じている)を破り、祭司と騎士を兼ねた新しい貴族としてデビューしたら面白いかと思います。
ついでにカリスマ性のあるルビアもマルパスの眷属になれば、ネクロンやボティスの勢力をひっくり返し一大勢力となるでしょう。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

名誉「男爵」の地位の可能性については、興味深い考察です。確かに、既知の爵位を持つ他の貴族と直接対話するこのシーンに加えて、他の間接的な細部描写もとにかく男爵にすぎないように見えるので、それは以前の理解と同じ(当然のように男爵として理解し)も違和感は常にありません。もはや「確実」ではないというだけですが、これまでの理解では問題なく読めるようです。

86話の内容については、チャンドラー男爵の弱さ(「こんなに弱い」ものに食べられる程度)を表現するのではなく、文字通りの伏線だと思います。
主人公がチャンドラー男爵の強さを非常にはっきりしているからこそ、彼は一般的に「彼はそれによって食べられるのだろうか?」と思うでしょう;チャンドラー男爵が「そもそも」こんなに弱いとしたら、このような描写は無意味に思え、そしてその時点ですでに事実を知っている骸骨の彼が考えるようなものではないと思います。

また、魔王と契約して実力を向上させることについては…大きいな戦闘力の格差を持つファンタジーメカニズム世界観についての古い問題ですね。このような「外力」の獲得は設定で描写安易すぎ、様々なコストや副作用などの制限がなして気軽に行うことができます場合なら(ボティスとビブリオの加護レンタルの手軽さなど)、キャラクターの行動原理や世界の戦力のバランスなどの面に起こりうる可能な矛盾(なぜみんなに魔王の加護を「装備」しなかったのですか?それは非常に高いcp値で自勢力の強さを高めることができます。そして人々は強者になると魔王と契約を結ん必要があります、ある種の「装備」みたいにこれを「標準装備」として「入手」するのと同じように、そうでなければ、それは単なる損失であり、同じスタートラインに立っていません——レベルは非常に高いですが、努力値は振りされておらず、「アクセサリー」列の空席は装備されていません、「枠」はただです無駄になりました。もう一つの例は、後期のドラゴンボールの舞空術などの必要な能力、または「潜在能力を解放され」などの無料の強化をしないするの惜しい)に加えて、バトルモノとして限り、キャラクター達がそのような設定で彼らの強さを「積み重ねる」ことができ、彼らがいつでも簡単に強化または弱めることができる多くの場合、読者は非常に萎れでしょう——「強さ」の重みと「真の価値」の欠如があります。また、作中の強キャラを考えると、実は魔王の加護有無に安易の戦闘力を大いに変える可能性があるだけで、「強者」の格付けのバランスを有効に作り出すことも難しいでしょう。たとえば、設定上のキャラAとキャラBの総合的な戦闘力は互角的ですが、AがBが持っていない特定の強い力(有無だけ単純な存在)を失うと、他の基本的な身体能力、技術、知惠のギャップがすぐに明らかになり、完全に比類のないものになりますなら、この状況で2つのキャラクターを本当に同格と見なすことができますか?Aの場合、常に「ドーピング」または「本当に強い」ではなく「強い能力を持つだけ」などの否定的な認識の評価があるだろう。
ナルトやワンピースなどの作品設定(尾獸や悪魔の実など)にもこのような問題があります。特にこの手のLitRPGで設定された世界観では、さまざまなキャラクターの能力(知識と技術を含む)が明文されし、数値化され、「スキル化」され、「システム」のメカニズムを通じだけで、 「修行」または「勉強」で入手ではなく単純に「与えられる」ということは、実際に主人公(と他のキャラクター)はシステムインターフェイスを介して「キャラクター(ユニット)」を操作する「プレーヤー」にすぎませんであることに陥る可能性が高くなります——実際、強いなのはプレーヤー(パイロット)ではなくキャラクター(ユニット)であり、そのような力を取得しなら誰でも同じ結果を引き出すことができますだけ(戦闘経験がまったくないアマチュアは、突然lv99のチートキャラを使用して、lv50以下の他の熟練した戦士のキャラを蹂躪することができるの戦闘システム;さらに、プレイヤー間の「技量」などすべてもシステム自体に含まれています)という決定的な台無しです(「強者」は論理的にはそもそも存在しません)。昨今の「なろう系イキリ主人公」像はそのようなフィクションの禁止區域から出られない例、単純な「力」の有無の間で「それらを獲得するための努力」と「それらを最大限に活用する『真の強さ』」をどのように十分に組み込むかが重要な課題です。

返信する
名無し

>レイ・カーク
>エラスト領主だったレイ伯爵の叔父。ルビアと後継者争いをする。

「レイ伯爵の弟」と「レイ伯爵の遺児ルビアの叔父」の説明が混ざっていますね。

 先代エラスト領主レイ伯爵の愚弟。
 兄亡き後、正統継承者である姪のルビアから伯爵領簒奪を謀る。

ぐらいの記述で如何でしょうか?

返信する
猫野

コメントありがとうございます。
確かに混ざってました!なんて間違いを;;
ご指摘ありがとうございます。助かります。

返信する
TaoCheng

タイタンに搭乗しても活躍出来なかった彼の項目を作るかわかりませんが、雷の塔主アル・グール・ファインの名前は面白いです。
海外のファンサイトで「Algul of flame」と紹介されており不思議に思ったところ、中国語で火焔をファインと読むようです。
帝国の官爵もそうですがエルフやゴブリンのようなヨーロッパ風ファンタジーの中に東洋風の要素が紛れ込んでいるのが、この作品の良さですね。
まだわかりませんが、セイロンなんかも若干東洋風の響きがあります。

返信する
猫野

そうだったのですねー!
fine、をイメージしていたので、あまりしっくりこない名前だなと思ってました・・・
セイロンはしっかりお茶のイメージです。
東洋要素は結構ありますよね。面白いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください