漫画「皇帝の子供を隠す方法」27話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇帝の子供を隠す方法」原作:Lee Yeonseon、絵:SSAL、文:26、原題 :황제의 아이를 숨기는 방법

恋愛ファンタジー漫画です。1~3話まで一気読みでき、4話以降は毎日1話ずつ無料で読めます。

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじまとめはコチラ

漫画「皇帝の子供を隠す方法」27話のネタバレ

アステルの祖父カレンベルグ侯爵は、カイゼンがわからないような嫌味をカイゼンに言ったのだが、カイゼンは何故か、テオールの架空の母(平民)をかばった。

侯爵は、傷つけた孫娘より使用人が大事なのかとイライラし、カイゼンは、母親から子供を離し、その世話をアステルに押し付けたことを責めた。

睨み合い、言葉も辛辣になる二人。

カイゼンはアステルに、帝都に邸宅と領地、世話役と使用人も用意するから、子供とそこで生活しろと言う。

アステルは怒り、帝都に住む気はない、もう戻ってほしいと怒鳴った。

そのタイミングでテオールが部屋に顔を出したのだが、怒鳴るアステルを見て、涙目になってしまった。

するとカイゼンがテオールの涙を止めるために、もうすぐこの城で舞踏会があると言い出し、アステルを誘った。

アステルが参加すると答えると、テオールが絵本でしか知らない舞踏会に喜び、カイゼンに話しかける。

だがアステルがテオールを抱き上げ、もう少し大きくなってからだと言う。

カイゼンは、テオールぐらいなら良いのではと言うが、アステルが駄目だと言うので、代わりに、テオールが入りたくても許可がでなかった庭園に行くことになった。

カイゼン、アステル、テオールの3人で庭園を散歩していると、テオールが湖脇のガゼボ(展示室として使用)に気づいたので、カイゼンが案内する。

だが管理人不在で入館することができなかったので、花壇などを見て回る。

家に戻ったらこのような花壇を作ろうとアステルとテオールが話していると、カイゼンがおずおずと、気に入った花があれば送るという。

アステルは、東部までわざわざ送るのかと微笑ましく思い、本当に必要な物があれば真っ先にカイゼンにお願いすると微笑んだ。

カイゼンは、わかったと微笑んだが、それはアステルの計画のうちだった。

アステルは、舞踏会でテオールを家に帰す許可を得るつもりだった。

漫画「皇帝の子供を隠す方法」27話の感想

カイゼンが、母親や子供のことを気遣う言葉いうたびに、どの口が言うのかと、侯爵は苛立っていました。

カイゼンは真実を知らないので、仕方のないことなのですが、いつか真実を知ったとき、カイゼンの黒歴史となりますね。後悔するのはこれどころじゃないのですが。

カイゼンは、色々と不器用な人間に見えます。男女の駆け引きや愛情表現などは苦手ですが、貴族の粛清などの政略、感情が必要ないものには強いのでしょうね。

秘書官のベリアンが、カイゼンの苦手な部分をサポートするべきなのでしょうけど、アステルを警戒しすぎて、カイゼンとうまく噛み合っていないですね。確かに、アステルの存在は怪しすぎるので、気持ちはわかります。

さて、次回は舞踏会でしょうか。ドレスなどは、カイゼンがアステルに贈るのでしょうか。フローリンも参加するのでしょうね。

アステルを見て、舞踏会の招待客がどのような反応をするのか、接してくるのか気になります。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください