漫画「皇帝の子供を隠す方法」26話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇帝の子供を隠す方法」原作:Lee Yeonseon、絵:SSAL、文:26、原題 :황제의 아이를 숨기는 방법

恋愛ファンタジー漫画です。1~3話まで一気読みでき、4話以降は毎日1話ずつ無料で読めます。

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじまとめはコチラ

漫画「皇帝の子供を隠す方法」26話のネタバレ

ベリアンは、マリアンの妹フローリンが訪ねてきて、事件が小さくないことから、アステルに対してマリアンに直接謝罪させたいと申し出てきたことを話す。

カイゼンは、筋は通っているが決めるのは当事者だと言い、アステルの意向を確認するようベリアンに命じ、フローリンには、謝罪が本心ならば、もし断られてもアステルに恨みを抱くなと警告する。

ベリアンから話を聞いたアステルは、未来の皇后の機嫌を損ねるわけにはいかないと思い、承諾した。

牢屋に入り酷い扱いを受けていたマリアンは、ボロボロの姿のまま、アステルの前まで連行された。

マリアンはプライドが許さないのか、怒鳴るように謝り、態度が悪かった。

アステルは、善処を求めたのではなかったのか、そもそもアステルの家族全員が処刑されるかもしれなかったのに、毒殺の濡れ衣を着せるなんてやりすぎだと言うと、マリアンは、そこまでするつもりはなかったと言う。

アステルは、マリアンの妹が頼んだからこうして会ったのだが、そのような態度なら彼女の苦労はなかったことにすると教える。

うまく答えられず、また牢屋に連行されそうになったマリアンは、愛想をつかされたくせにと、アステルを罵った。

そこへカイゼンがやってきて、マリアンをすぐに移動させるよう命じた後、マリアンを怯えさせるほど睨んだ。

カイゼンが全て聞いていたことを察したアステルは、マリアンはまだ幼いのだからあまり厳しくしないで欲しいと言う。

アステルがカイゼンに、マリアンをどうするのか見に来たのかと尋ねると、カイゼンは、アステルの祖父の見舞いにきたと、恥ずかしがりながら答えた。

カイゼンは、ベッドで休むアステルの祖父に対し、自分のせいで迷惑をかけしてしまったと頭を下げた。

アステルは、ひさしぶりに優しい表情のカイゼンを見た。

カイゼンが、テオールはどこにいるか尋ね、礼儀正しい良い子だから父親に似たのだろうと褒めた。

アステルが苦しんだことを知っている祖父は、思い切り嫌味を混ぜて言い返すのだった。

漫画「皇帝の子供を隠す方法」26話の感想

マリアン本人からの謝罪ですが、本人が悪いと思っておらず、ただのパフォーマンスでしかないですよね。

アステルは、自分を憎んでいる相手とわざわざ会わなければいけないので、クロイツェン家の謝罪アピールに巻き込まれただけのはた迷惑な話です。結局罵られてますしね。

アステルは皇太子の婚約者となったときから、人々の悪意に晒されてきたので、あの程度ならば簡単にあしらうことができるのでしょう。

フローリンは、マリアンに謝罪させることで、マリアンの環境を良くしようと考えたようですが、マリアンは失敗してしまいました。

カイゼンの方は、筋道が通っているのならばといきなりは断りはしませんでしたが、フローリンにしっかり釘を刺しました。アステルを傷つけるものは許さないカイゼンですが、一番彼女を苦しめたのはカイゼンなのですよね。

アステルの祖父に対しては、きちんと頭を下げて謝っていました。アステル相手ではいつも空回りのカイゼンですが、アステル以外であれば、しっかり行動できるようです。

侯爵としては、大事な孫娘を傷つけたことが許せず、孫の話題でついつい強く言い返してしまいましたが、事情を知らないカイゼンがどう返すのか気になります。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください