漫画「接近不可レディー」52話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:ZI.O、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」52話のネタバレ

アクシオンと共に、彼の寝室から出たヒリスは、多くの使用人に目撃されてしまった。

アクシオンの案内で、数世代前に発見され、ベルゼット家が保管している遺物の槍ところへ。

それはヒリスも知っているものだったが、異能の力があるとは知らなかった。

アクシオンは、ヒリスが危険なことをするのは気に入らないが、止めても聞かないだろうから、一緒に確認しようと思ったと言う。

ヒリスがその槍に触れると、槍は砕け、絵画のときと同じ宝石が現れた。

その宝石に触れると、横たわった王に向けて、泣きながら槍を構える赤い髪の女性の姿が見えた。

女性が王に槍を突き刺したので、ヒリスは宝石を振り払ってしまい、宝石はアクシオンの足元へ。

ヒリスは、前回アクシオンが見たというのはこのことかと考える。

アクシオンは、宝石に触れることで気づき、自分が忘れ、失ったもの、見つけるべきだったものは全てヒリスだとわかったと話す。

ヒリスは、何も思い出さないでとアクシオンに縋るが、もう遅いと言われてしまい、ショックを受ける。

ヒリスにとって忘れられないのは、5度目の人生にて、アクシオンに助けだされたときだった。

アクシオンがヒリスを救い出し、彼女を抱き上げて監禁部屋から出ると、ヒリスの父・ディエゴが、ヒリスを罵りながら喚き立てた。

アクシオンは冷静に言い返し、部下を使ってディエゴを懲らしめる。

今度はそこへヒリスの兄・リカルドがやってきて、いくら4大当主でも他家の屋敷で横暴がすぎると騒いだので、アクシオンが警告し黙らせる。

次は義妹・ガブリエルがのぞきにきたが、ひどく怯えて言い訳したので、アクシオンはイノアデン家の異常さに呆れた。

アクシオンに運ばれているヒリスは、何かされるのではないかと怯えていた。

だが、アクシオンが、傷つけることはしないと優しい表情で言うので、ヒリスは安心した。

そして、生まれて始めてイノアデン家を去ったのだった。

漫画「接近不可レディー」52話の感想

転移で保管場所に行かずに、二人揃って寝室から出てきたので、多くの使用人に目撃され、勘違いされたようです。アクシオンは気にしないでしょうけど、噂が広まったら、クリスティアン等の外野がうるさそうです。

前回、72番目の扉の部屋にある、転移の鏡と同じ効果を持つ遺物がないかと、ヒリスが尋ねると、アクシオンは槍まで案内しました。まさかまた壊れるとは。

遺物を破壊しながら出てくる宝石は、過去を見せる効果があるようですね。タイムリープに関係なく、その人の記憶に強烈に残っていたものが再生されるのでしょうか。

王に槍を向けていたのは、イノアデンの先祖で王の寵愛を受けていた、イノですよね。最終的に、皆で王の命を奪ったことになっていますが、イノ自身は王を愛していたようです。

かなり昔のことなので、正確に記録は残っていないのでしょうけど、、たくさんの事実が隠されているようですね。

さて、ヒリスの5度目の人生をアクシオンも思い出したようですが、救い出されたのに死んだのは、車椅子だったのは、彼女の体が限界だったからでしょうか。それでも穏やかな日々を送ることができたのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください