漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」60話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリcomico、めちゃコミックで連載中の「捨てられた妻に新しい夫ができました」原題・버려진 아내에게 새 남편이 생겼습니다、漫画・lobster、原作・Alice

毎週木曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」60話のネタバレ

テオドール皇子がブリニクル侯爵邸に滞在して数日が過ぎ、嫌味を言い続けるアッシュと、あの部屋は駄目かと言ってみたりと、とぼけて躱すテオドール皇子は、本当に幼馴染のようだとクロエは理解した。

その日は、アッシュが仕事のために出勤しなければならず、テオドール皇子は、自分が侯爵夫人と一緒にいるから心配ないと言う。

アッシュは、妻と過ごすのは構わないが、少しでもクロエが不快に思うようなら、すぐに追い出すと笑顔で警告する。

そして、結婚式に招待したのであって、その後滞在させるために招待したのではない、本当はわざと遅れたのだろうと指摘すると、テオドール皇子はバレたと笑い、それでもこれまで通り愛情を向けて欲しいと言う。

アッシュは、自分の愛は妻にしか向かないので、思いやりの範囲だけだと言うと、テオドール皇子は、相変わらず冷たいと呟く、

アッシュはクロエに、テオドール皇子のお世話を頼んだ。

クロエは、テオドール皇子の視線や滞在中の言動から、アッシュに友情以上の想いをもっていて、クロエに対しては嫉妬ではなく、羨望の眼差しを向けていることに気づいた。

そもそも危険回避能力のあるアッシュは、不穏な者を滞在させない。

今回初めて二人きりになるが、やはり平民であることが気に入らないだろうかと考える。

クロエが図書室から本を借りて歩いていると、テオドール皇子が突然話しかけてきた。

テオドール皇子は何故か、これまでクロエが読んだ本を把握しており、様々なジャンルを吸収できる知識の広さを褒める。

まさか自分にそこまで関心をもたれているとは思わず、クロエは驚く。

すると、既に何日も滞在して屋敷中を把握しているにも関わらず、テオドール皇子がクロエに屋敷の案内を頼んできたので、クロエは何か別の目的があるのだと察するのだった。

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」60話の感想

アッシュはテオドール皇子に、かなりの嫌味をぶつけていますが、本当に嫌な人物だったらブリニクル侯爵家に滞在を許さないので、二人は元々このようなやりとりするような関係なのでしょうね。

テオドール皇子は、アッシュのことをとても慕っていました。そしてそんなアッシュが恋焦がれるほどなら、クロエについては、すごい魅力的な人なのだろうと期待しているのかもしれないですね。

探るように話しかけてきましたが、アッシュの好きな人をもっと知りたいという興味が本心であるならば、安心できますよね。アッシュを愛する同士ができますし、心強い味方になってくれそうです。

さてテオドールはクロエに何をするつもりなのでしょう。アッシュが許している以上、害意はないのでしょうけど、その分なぞですね。

あの部屋という言葉がでてきましたが、クロエも入らない、禁じられた例の部屋(19話)のことでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください