漫画「入学傭兵」79話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」79話のネタバレ

高橋が店に戻ると、店内の至るところに血がついていた。

子分の武史は、防犯カメラの映像が消されていたこと、6人重傷でそのうち5人が昏睡状態であること、二人組に襲われたことを説明する。

すると高橋のところに、北島から電話がかかってきて、店が襲撃されたことについての心配と、相手は誰か、助けが必要であれば連絡して欲しいと言われる。

高橋は、情報が早いですねと返し、これから自分たちで犯人探しをすることを話す。

電話を終えた北島は、控えていた二人組の男に、高橋は店にいなかったことを話す。

二人組の男は、次は慎重に動かなければならないと言う。

高橋は、川口や山本など他の組に話を聞きに行くが、どれも襲撃は否定した。

その後、高橋は負傷者の見舞いをしに病院に立ち寄ってから帰宅、武史は部下とさらに聞き込みへ。

高橋は、組織間の抗争とは違い今回は何の手がかりも出てこないと、妙に思っていた。

その頃、由利奈は、いつも祖父が手伝ってもらっているからと、高橋達のために料理をタッパーに詰めていた。

その話を聞いた壮馬は、タッパーを高橋の住まいまで届けに向かう。

高橋は、突然訪ねてきた壮馬に驚くが、壮馬が渡すだけ渡してすぐに帰ろうとするので、部屋で何か飲むかと声をかける。

一方、襲撃犯人捜しをしていた武史は、北島を疑っていた。

高橋は北島を信頼しているようだったので、高橋にばれないように、北島に監視をつけようとしていた。

そのようなことを考えながらの車で移動中、脇から車が突っ込んできた。

大怪我をして意識が朦朧としている中、近づいてきた謎の男によって、武史は車の中から引きずり出されるのだった。

漫画「入学傭兵」79話の感想

やはり高橋の店を襲ったのは北島でしたね。狙いは高橋本人でした。今度は武史が襲われました。

北島は厄介な男とのことで、帰国早々やらかしてくれましたね。5人も昏睡状態だそうですが、大丈夫でしょうか。容赦ないですね。

北島からの電話に対応している高橋の表情を見ると、北島を疑っているように見えますが、義理堅いのか北島を信用していました。そして他の組織に確認しにいきましたね。

川口や山本は、集団でも高橋を倒せなかったうえに、高校生(壮馬)にめちゃくちゃにやられたので、高橋に手を出す気は全くないようです。襲撃について、焦りながら否定していました。

そういえば、壮馬は高橋の住まいを知っていたのですね。普通にご近所付き合いをしているようで、なんだか微笑ましいです。

さて、襲撃された武史ですが、わざわざ車の中から出したので、拉致目的でしょうか。そして高橋に協力するよう脅しをかける?高橋をどうしたいのでしょう。

運良く、高橋は壮馬と一緒にいるので、呼び出されてもすぐに壮馬が助けにいけそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください