漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」168話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役のダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

※前回のエピソードはコチラ

※登場人物まとめはコチラ(ゆっくり編集中です)

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」168話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

ルビアの提案が通り、領主候補同士の馬上槍対決をすることになった。

レイ・カークは、馬も槍もグラスミア産に変えたとしても、ルビアは本当に自分に勝つ気でいるのかと、ルビアのやり方に戸惑いを感じていた。

ルビアはクリスティーナから、馬上槍のやり方と、ルビアとレイ・カークの実力は同程度であることを教えてもらっていた。

クリスティーナが、命の危険を感じたら馬から飛び降りてほしいと言うので、ルビアは、ありがとうと微笑んだ。

試合が始まり、一回目の打ち合いでは、ルビアの兜が外れてしまったが、決着はつかなかった。

レイ・カークは、ルビアが自信満々だったわりに対したことがないので、兄やルビアのような弱い者では領民を率いることはできないと言う。

また、良い顔ばかりでは裏切られる、必要なのは支配だと強く主張し、ルビアを牽制する。

ルビアは、その意見は間違っている、領民に必要なのは権威を振りかざす領主ではない、外勢から守る盾となる領主だと言い、そのまま二回目に突入し、決着はつかなかったがルビアの槍にヒビが入った。

三回目でとうとうルビアの槍が破壊されてしまったが、四回目では、ルビアが折れた槍を剣のように振り回し、レイ・カークを叩いて落馬させた。

ルビアの戦い方は、みっともないものだったかもしれないが、ルビアの信念が感じられた。

レイ・カークは落馬による頚椎骨折で死亡。

レイ・カークはルビアの攻撃に倒されたのではなく、彼女の信念に負けたのだった。

観衆は、彼女こそが真の領主だと大歓声で称え、この試合で、ルビアの統治レベルが6まであがったのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」168話の感想

常に漂う絶望感が、この漫画の好きなところだったのですが、最近はなんだか漫画の方向性が変わってきているような・・・?

王道のファンタジー漫画になってきているのでしょうか。骸骨の彼が力をつけてきたからですかね。

さて、ルビアの勢いにのまれたのか、そのまま領主(候補)同士での試合が始まりました。レイ・カークが本人同士での試合を受けたのは、小娘のルビアなら倒せると踏んだからでしょうか。

馬上槍試合は、個人戦なのでジョストと呼ばれるもののようです。3回試合を行うものや、落馬するまで続くもの、決着がつかなければ馬を降りて直接戦うなど、その試合によってルールが違うようですね。

直接戦うものでなくて良かったです。装備の質が違うので、実力が同等でも厳しかったかもしれません。

今回の勝負で、いきなり領主レベルが2→6に上がりました。急成長ですね。皇帝訪問まで、10近くまで上げる予定なのでしょうか。

ひとまずこれでライバルを排除できたので、あとは皇帝がルビアを認めれば、晴れてエラスト領主ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

17 COMMENTS

TaoCheng

今回のルビアは結果オーライでしたが、領民から人気のあるルビアが敗死したら折角のチャンドラーの領主継承の式典が本当のお通夜になってしまうところでした。
気になるのはレイ・カークの綺麗な死に方です。これはシステムが“客“向けに定めたイベント、例えば“新エラスト領主応援キャンペーン“などの導入かもしれません。思えばキルン湾の雑踏にも冒険者風の人々が増えており、中には魔法使い風の者もいます。(95話の時点では魔法使いは驚愕の存在だったのに)
更に言えばプルソン信者やゴブリン達が敵視してたのは、おそらく“客“であろう経験値稼ぎの冒険者達であり、意外ですが“彼“は住人側からの客に対する反逆者だからこそアイザック、ケビン・アシュトン、アエザール達から期待されているのかもしれません。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

確かに、そのような突然の死に方では、他の未知の可能性についてしか考えることができません…しかし、それが説明されるまで、これは微妙な展開としてのみ理解することができます…

魔法使いの地位については、おそらく剣気使いと同様の問題だと思います(特にここでは、おそらく、父と息子の両方が同じ「格」設定システムに従って反応します)。結局のところ、それ以来多くの魔法使いが登場していますから(以前に時々見たことがあります)、「珍しいけど、国や世界の規模的には人がそこそこ多くて、能力はみんなトップクラスじゃない」という感覚を人々に与えてくれます。
でも、95話のシーンでは、自分はそのレベルの畏敬の念は「主人公レベルの魔法使い(火と雷の魔法を同時に発動するができる)」からのものであると解釈する傾向があります、すべての魔法使いがその取り扱う受けるではありません。(剣気使いに対するチャンドラー男爵の反応がこのように理解できればいいのに)

返信する
猫野

ルビアは馬上槍初心者だったので、一か八かでしたね。
確かにこのトーナメントの流れは、システムに設定されたもののように感じます。冒険者風な者が多いのは、漫画家が変わったせいかと軽く考えてました;
骸骨の彼が本来の客ではなく、住民側の反逆者というのは面白いですね。PKキャラとして求められているのですね。

返信する
TaoCheng

レナとやっていたような明確なPK行為は最近やってませんが、鉱山のネクロン達に関しては厳しさを見せましたね。
あの世界の根底にある腐った思惑に対する彼の怒りがケビン・アシュトン、さらにサキュバスに気に入られたように思われますので、今後も波乱は間違いないでしょう。ちなみにアイザックは彼とは真逆の動機を持っている気がしますが最終的に折り合いがつくのでしょうか?行く末が楽しみです。

返信する
猫野

動機としては、蒼天のシステムを解明して得ようとしているのがアイザック、破壊しようとしているのが骸骨の彼、でしょうか。兵士ポイント100%たまると世界否定ですし。
最近のストーリー展開で混乱していましたが、結末まで楽しみたいと思います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

結局、カークはこのように不可解に死んだのですか? この不自然な死に方で?
そういえば、ルビアはもともとカークに対して陰謀を企てたのではないでしょうか?それはそのような不可解な死に終わったのですか?

それで、このエピソード全体は、実際には、両側で何も考えずに、単に力による対決に入り(カークの疑いでさえ意味がありません)、そして誰かが死ぬまで単に戦うで、ただそれだけで最終的な結果が決定されますか?
前に疑念したように、結果が実際に強さのギャップをそれほど確信していない場合、なぜカークは奧の手や予防策がなくてもそのような提案に同意し、競争で死んだのですか…
これが行われたのは今更です、二人とも、あまりにも愚かで計画はありませんようではないか…?
そして、領主の戦いについてのは本当にこのように終わったのですか?非常に多くの伏線、結果は非常に単純な解決です…プロット構成全体とキャラクターの行動で一体何が起こっているのか…

システムのバランスの観点から、統治レベルの上昇が少し速すぎますか…?とりあえず、これを長期間蓄積した結果としてとらえ、この勝利で一気に計算され、反映してと思います。
しかし、前の質問、なぜ領地民は今更ルビアを認めないのについては、一気に統治レベルが2から6に引き上げられたため、これまでの領民の不信問題はかなり深刻なものになるはずだ。
もしこの事件がこんなに簡単に解決されたと宣言されており、怪しげな黒幕がない場合、この前提設定は御都合主義の産物であるように見えます…

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

※長文、愚痴注意

『常に漂う絶望感が、この漫画の好きなところだったのですが、最近はなんだか漫画の方向性が変わってきているような・・・?

王道のファンタジー漫画になってきているのでしょうか。』
「安易、安易過ぎだ。」
作風と世界観全体がそんなに軽いとしたら、以前の一生懸命(文字通り)は何でしたか?
確かに、この方向性になる可能性がありますが、単に物語の質を探している読者にとってはおそらく悪いニュースです。
なぜなら、このレベルの表現の「王道」では、率直に言って、それはただの「凡庸」であり、物語は「格落ち」です。

申し訳ありません、これにどれほどの主観があるかはわかりませんが、本話のプロットの内容に批判的な観点から話ししたい:

…本話では、当然のようにに馬上槍対決を始めるのようです。さらに詳しく説明しなければ、この提案を受け入れる流はあまりにも都合がいいですか?
問題は、彼女が何を考えているのか疑問に思わざるを得ないので、疑わしいと感じたら、受け入れないの方がいいじゃないか?ある程度のアドバンテージがあるはずのに…
特に、彼が明らかに自分の命を大切にするキャラクターである場合にさらに当てはまりますはず。この種の展開の流は本当に微妙です。

なぜ戦いの最中に予兆なしに突然政治的な口喧嘩を始めたのですか?これまで彼らの政治的見解や世論を説明し比較したことがないので、このことを本話の「テーマ」としてとらえるのは非常に突然であるように見われます(これはマンガの改作の省略の問題ですか?)。そして、言われたことは、ただ押し込まれた決まり文句のように感じました。

それに、カークは領民達に公然と何を言っていますか?彼の性格がどれほど悪くて無能であっても、彼がこのように表面に真の心を隠すことでさえができないなら、どうすれば良い「搾取者」になるでしょうか?最も基本的な統治でさえ維持するのは難しいだろう。
ここでは、この小物悪役のキャラクターが行き過ぎており、不合理で非現実的なレベルに達しているようです。

そして、過程全体を通しての観客の反応も、人々を非常に硬く感じさせ、本当の「NPC」の感覚をもたらしました。結局のところ、そのような会話とそのような戦いだけですれば(構成の問題がある)、観客の中には、當事者の信念を心の底から感じることができるということ自体は、ありきたりな筋すぎるものです。
「観客が感じることができても、読者が感じることができないのはさらに残念です。」

戦闘と対話の過程経緯全体の構成は非常に微妙です、彼らは戦いながらスピーチを始め、それからとにかく彼女の「勢」で相手を打ち負かしました。
……本当に1話完結式の勧善懲悪モノを見ている感じです。

結果として、最終的な分析では、それは単に精神論によってのみ達成された勝利の結果ですか?敘述がどれほどに「信念」を強調しているとしても、それは実際に物理的に起こるこのすべての展開の合理性を支持するものではありません。
主人公が指定保護の特典を使用できるべきであるとは言及していないようです…敘述はルビアがこの結果を「自分で」得たことを強調し続けているので、おそらく骸骨の彼が彼女に密かに力を貸したの設定ではないでしょう。(そうでなければ、このプロットのテーマに自己否定です)

もちろん、その意志と信念によってもたらされる実際の物理的干渉があり、キャラクターの並外れたポテンシャルが発揮し、苦境を打破することは容認できないことではありません。むしろ、それは人々を血が沸き立つにすることができるクライマックスの一般的な形です。
しかし、本作は実際にはまったくこういう作風ではありません(ノリは正しくない)。そして、このように予兆せずに突然展開するのであれば、どうしても受け入れられず、苦境を乗り越える最も適当な設計のように見えます、御都合主義の決まり文句展開にしかならず——台無しするの感じします。
ストーリーの意図された効果が何であるかを知っていでも(そしてそれはそうしようとします)。残念です。

ざまざまの內容から、カークはまだ戦闘自体にアドバンテージがあるのようので
プロットは戦闘過程の內容自体を補完説明しようとする必要があります。 ルビアが純粋な精神論の前に、勝つことができた(そして、なぜカークは彼が確実に勝つべきだった戦いに負けたのですか)理由について。
たとえば、ルビアは戦闘中の恐怖をうまく克服し、カークよりも精神的に有利です;両者には重要な情報差があり:ルビアは実際に(心理的および物理的に)ずっと前に成長しますので、カークは誤算しました、など。

もしかして、漫画の改作がうまくされていないというのは本当ですか?多くの場合、あまりにも多くの「細部」が欠落していると感じますから。
このように構成の細部を少し変更すると、効果は格段に良くなりますのに…(元のコンセプト発想自体は悪くありません)
結論として、本話の内容は私が飲み込むのは本当に難しいです…私は個人的にそれを私の心の中で上記のように解釈することしかできません。

返信する
猫野

なるほど、描き方次第では、今回の流れはそうおかしくないのですね。細部が省略されているようには私も感じます。
原作小説家の心変わりでなければ、漫画家の変更とともに、脚本/演出も変わったとしか思えません;本当に変更があったのかはわかりません。
今の漫画の方針は、ストーリー重視ではなく、キャラクターを魅力的に見せたいのだろうなと思います(成功しているかはわかりません・・・)
ストーリーについては、決められた範囲をとりあえず漫画化したのか思うほど、やっつけ仕事感がありますね。
暗殺計画の無意味さも、統治レベル急上昇も、ストーリー展開に納得できない部分はたくさんあるのですが、出版社がこれで良しとしているなら、しばらくはこのまま続くと思われるので、これまでとは違い少し肩の力を抜いて読んでいます;あとで急展開し、実は全て布石だったとなれば良いのですが。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

キャラクターを重視し、ストーリーを軽視することは、確かに一般的な商業作品戦略です。
しかし、厳格な目利きやハードコアな愛好家の観点からすると(一部のライト層では、あまり感じられないことがあるため、市場のビジネス上の利益の観点からは、メリットがデメリットを上回っている可能性があります)、この戦略は多くの場合、二兎を追う者は一兎をも得ずものになります。なぜなら、この2つが互いに補完することしかできないという理由だけで——キャラクターは、読者が自分の「魂」を感じられるように、ストーリーに対して意味のある合理的な行動を実行する必要があります;ストーリーは、魅力的で有能なキャラクター達にのみ依存して、複雑で十分な設計と興味深い展開を進めることができます。そうでなければ、それぞれの部分は断片化された敘述にしかならず、それらを物語の世界に統合することができません。

はい、TaoChengさんと私はこれらすべての急展開する「未知」の可能性も楽しみにしています…結局のところ、これがなかったとしたら、この一連の展開は実際にはあまり良くないもの、ただ残念な効果です。

返信する
猫野

最近は、細かい説明が省かれ、ルビアの心情や言動、評価ばかりクローズアップされていることから、今の展開はルビアを魅力的に見せたいのではないかと思っていました。これが新しい読者にむけてなのか、ルビアを上げるだけ上げて思い切り落とすためのものかはわかりませんが、後者なら時間をかけ過ぎていると思います。前者にしても、ご指摘通り成功しているとは思えないので、ルビアは善人の領主であるという印象付けを強くしたいのかもしれません。
この流れがどこに行き着くのか、急展開に期待ですね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

彼らがどの方向性を取り上げたいかは構いません。 ただし、一方的で不均衡な描写は、最終的には中途半端の結果しか得られません。
実際、読者はそのような不自然な販促に非常に敏感であることがよくあります(私が本話を批判したように、物語の意図効果が何であるかを知っていても、うまくいかないと認めない)、そのような人為的な不自然な物語がその望ましい効果を達成する前に、読者の不信の停止は一掃されます。(なぜ書くことは常に内容の合理性に非常に注意を払い、唐突を避ける必要があるのか​​について——読者が感性的と理性的に納得していると感じることができるのは、すべての叙事の大前提です)

最近のエピソードの展開に関するいくつかの海外スレのコメントを確認しましたが、それらのほとんどは否定的な態度を持っているようです。やはりこの作風の変更は、比較的ハードコアな本作の読者にはあんまりに好まれません。
特に、物語全体のクオリティ純粋重視派としての私が(したがって、上記のすべてが私にとって最悪の逆効果になります)、最悪の場合、今後にこの作品がまだこのように納得できないの內容を連投するなら、自分の不信の停止が崩壊し、読み続けるのが難しいかもしれません……(「少し肩の力を抜いて読んで」のは苦手です)

返信する
猫野

そうですよね・・・設定は面白い作品なので、なるべく早く元の作風に戻って欲しいですね。

返信する
TaoCheng

そういえばダブルキャストは皇帝を守る魔法使いから得たスキルで少女公爵以外の全ての敵が回避行動を取る大技ですよね。
もしかしたら主人公のシナリオはレアスキル保持者から情報を収集させるためにケビン・アシュトンが作り出したた非正規のもので、一般的な“客“はクリア可能を前提とした安易なシナリオが用意されてるのかもしれません。そしてルビアは一時的に正規シナリオに入り立場を確立したかもしれませんが、ケビン・アシュトンに導かれている以上は蒼天の窓の世界に立ち向かうことになるでしょうね。
領民を守ると宣言した以上、国民を魔王の生贄としようとするビブリオや、彼を取り立てた皇帝と敵対するでしょうが、レアンドロやオスカル伯爵は味方してくれるかもしれません。しかし最重要なのは少女公爵でしょうね。ルビアの父を殺すように命じた犯人ですが、前世では魔王との繋がりが薄いように見えました。だからと言って単純に国防のために協力してくれるようにも見えない気もします。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

このように直接イデオロギー的に敵対的であることは言うまでもなく、たとえ皇室に対してのイエスマンであったとしても、おそらく幼虫にすり替えられるの終わりを避けられない、ただ時間の問題です。
したがって、国や民を本当に気遣うこれらの権力者達の承認を得ることができたとしても、皇室が帝国全体に対してかなりの政治的および物理的干渉力を持っている現在の状況では、皇室が領主候補として認められるという次の問題にどのように立ち向かうか、そして皇室と真に戦うために南部連合を結成するための時間を買うことは、依然として大きな課題であり、それを解決する良い方法はまだ見えません。(彼女達の計画もこれを念頭に置いていますよね…?)

または、それは本当にシナリオ上のすべてのキャラクターの行動は安易で解決しやすくなっていますの可能性がある…

返信する
猫野

骸骨の彼が、ケビン・アシュトンが作り出した情報収集キャラというのは面白いですね。なるほどそれなら、ここ最近のルビア主軸のストーリー展開と、彼主軸の展開では、違和感があったのも納得できそうです。
少女公爵の存在は大きいですよね。確かに魔王との繋がりは薄そうです。レアンドロと全てを手に入れるのが目標だったと思いますが、帝国を裏切ったレアンドロを殺害しているので、少女公爵にとって帝国は絶対的なもので、その支配下で自由?にやっているのでしょうか?帝国に歯向かう勢力には味方しないのではと思います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

まず、この作品の話では、「帝国」と「皇室」は別々に見なければならない概念だと思います。あるキャラクターにとっては同じかもしれませんし、あるキャラクター(レアンドロは帝国に忠実でありたが、皇室を信用しないはず)にとってはそうではありません。

結局のところ、少女公爵はまだ個人主義者である(彼の発言と行動から判断すると)と私は個人的に感じており、彼が帝国に真の忠誠を持っているかどうかは疑わしい。自己主張の結界を持つ少女公爵は本当に他人の支配下で生きたいと思うでしょうか?
ここで、私はTaoChengさんが140話の展開について考察した反逆の仮説を支持します。皇室への長い間の服従は余儀なくなことにすぎません(隠ぺいのせいでビブリオに背を向けられなかったかのように)。本当に皇室を倒すチャンスがあれば、彼はおそらく、レアンドロの命を救うために一緒に戦うことをいとわないでしょう。

返信する
猫野

少女公爵は、帝国という外殻・ブランドが大事であって、皇室・中身は自分たちが掌握したいのかなと思いました。
確かに、キャラクターによって帝国と皇室は違いますよね。最近までよくわかっておらず、私のまとめはごちゃごちゃになっているかと思います・・・失礼しました;;

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください