漫画「皇女、反逆者に刻印する」50話のネタバレと感想!あらすじまとめ


※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」50話のネタバレ

ミカエルは、自分より先にイヴと親しかったらしいホムンクルスの存在が気に入らなかったが、イヴがもう死んだからと言うので、しぶしぶ納得する。

イヴがセデラーや専属の使用人たちに休暇をとらせたので、何か用事があるのかとミカエルが尋ねると、錬金術の先生に会いにいくとのこと。

そうしてやってきたのは、書物やゴーレムだらけの小さな家だった。

翼が生えている金色の蛇ウーロが、イヴとの再会に喜び、じゃれる。

しばらく誰も掃除していなかったので、室内が埃っぽく散らかっていた。

イヴの魔法で書物は所定の位置に戻されたのだが、一瞬で多重座標計算ができるほど空間認識能力に長けていたので、ミカエルはイヴの才能に驚く。

魔法に秀でているイヴだが、心臓疾患で苦しむ人たちを助けたいので、禁断の人体錬金術を学び、ゴーレムで臓器に代わる器官を作る研究をしていた。

この研究は後で、研究費に余裕のある皇室錬金術協会に引き継ぐつもりだ。

イヴは、イヴとミカエルが一緒に使うことができる守護ゴーレムを作ると言い、名付けはミカエルに任せた。

錬金術の先生がなかなか戻ってこないので、ミカエルは屋根裏部屋で休むことに。

イヴも別部屋で眠っていると、夢の中に先生が現れたのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」50話の感想

ミカエルは、イヴを愛称で呼び、彼女の顔を赤くさせる相手がいたことが気に入らないようですが、それが過去の自分だと知ったらどう思うのでしょう。

鈍感+誤解でずれまくっている二人のやりとりはもどかしいですが、面白いですね。

さて、イヴは自分の師匠を訪ねるために、ミカエルだけを連れて研究小屋?にやってきました。

蛇ウーロがめちゃくちゃ可愛いです。あのように甘えてじゃれるのは羨ましい。あの蛇もゴーレムでしょうか。

イヴはゴーレム製の臓器の研究していましたが、ホムンクルスとゴーレムってどう違うのでしょうね。ゴーレムは命を持たない?

イヴは錬金術師として優秀ですが、魔法の才能まで持ち合わせていました。もともと他の皇族よりも飛び抜けた存在なのでしょうね。

そうなると元の能力に頼らずに、皇太女に一番近いところまで上り詰めたブリジッテは、善悪はさておき、政治家としては優秀だったのでしょう。

さて、イヴの師匠は、現実世界では姿をみせず、夢の中にやってきました。

そのようなトンデモ存在なので、イヴの回帰のことも知っているのでしょうか。イヴは誰にも話さずに一人で戦っているので、回帰前のことで相談相手ができると良いのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください