漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」最新話124話の翻訳あらすじと感想!ネタバレ有り

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマLINEマンガRIDIBOOKS(韓国語)で連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 

ピッコマ・LINEマンガ版は隔週日曜日に最新話が更新されます。

こちらの記事は韓国語版の翻訳をまとめたものになります。

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」最新話124話のネタバレ

戴冠式が始まり、人々はアタナシアに注目する。

クロードがアタナシアのティアラを外し、王冠をかぶせると、彼女を抱きしめた。

そしてアタナシアが正式な皇太子になったことを宣言すると、会場は大歓声に包まれた。

国民にも姿を見せると熱狂的に迎えられた。

クロードは、デビュタントのときも緊張していたから怖いのではないかと気遣うが、アタナシアは、皆が祝福のために集まってくれたし、パパもそばにいてくれるから、本当に幸せだと心から微笑むのだった。

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」最新話124話の感想

絵がメインのエピソードでしたね。アタナシアとクロードが美しかったです。

神官の長~い祝詞の後で、クロードがアタナシアに王冠(帝冠?)をかぶせてました。彼女を抱きしめたところは良かったですね。

ルーカスとイゼキエルも微笑みながら見守っていました。

アタナシアは戴冠式で皆に歓迎され、心に巣食っていた前世の頃から抱いていた孤独感や疎外感が消えていたことに気づいたようです。

なんだかほっこりするエピソードでしたね。

いよいよ4月30日が完結を迎えるそうです。なんだか寂しいので、外伝もやってほしいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください