漫画「実は私が本物だった」最新話61話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話61話のネタバレ

居酒屋で酔っぱらっているキイラと騎士団。

キイラが騎士団やコゼットのことで悩んでいると、レイナたちは、急に現れた素性の知れない人を支持などしない、キイラお嬢様を嫌っている騎士なんていないと言う。

キイラが喜んだが、その際、隣にいたジョゼフにぶつかってしまう。

ジョゼフは、キイラが飲みすぎないように代わりに飲んでいたので、顔が赤かったのだが、騎士達にからかわれたので、少し風に当たりに行く。

キイラも一緒に外にでると、ジョゼフが彼の上着をキイラに羽織らせた。

キイラにありがとうと微笑まれ、ジョゼフはドキっとした。

キイラは、回帰前からジョゼフがずっとそばにいてくれたことから、他の人はキイラを冷たいと思い離れていったが、どうして味方で居続けてくれるのかと言う。

ジョゼフがパルビス家の正式な騎士となる叙任式のとき、大公の脇に立つ完璧だけど寂しそうなキイラが気になっていた。

大公から愛されるために、自分を厳しく律して頑張り続けるキイラの荷物を、ジョゼフは少しでも軽くしたいとずっと思っていた。

その想いはいつしか別の感情に変わっていった。

そのようなことを思い出していたら、どうしたのかとキイラに見つめられ、ジョゼフは顔が真っ赤になり、あたふたしながら居酒屋に戻るのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話61話の感想

みんな酔っていますね。

キイラは不安になって、少し涙ぐんでいますし、レイナたちは、キイラを嫌う騎士なんて殺してやると、物騒なことになっています。回帰前では考えられないくらい、打ち解けていますね。

今回は、ジョゼフの想いと恋心がメインでした。

ジョゼフはかなり優秀なのでしょうね。周囲の騎士は青年なのに、ジョゼフは少年のうちからパルビス家の騎士として入団していました。そしてその優秀さに驕らず、主人を思いやる優しい心の持ち主でした。

初めは忠誠心からだったのでしょうけど、今では違う感情も混ざり、ジョゼフはキイラにドキドキしてばかりのようです。

コゼットとの対決も気になりますが、ジョゼフ、キイラ、エレズの関係もかなり気になります。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください