漫画「実は私が本物だった」最新話60話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話60話のネタバレ

団長職に復帰したキイラは、新しい制服に身を包み、騎士団のもとへ。

騎士達はキイラの復帰を歓迎し、ウォルフォードは早速キイラと手合わせを申し出るが、ジョゼフが、自分が先に約束していたのだと割って入り、二人は仲よく演武場にむかった。

ウォルフォードやガドナーは、その様子を見てニヤニヤするのだった。

キイラとジョゼフは、手合わせを楽しんだ。

その後、キイラは休憩しながら、回帰前もジョゼフは変わることなく、キイラの味方でい続けてくれたことを思い出す。

何故彼が自分に尽くしてくれるのかは、パルビス家の騎士だからか、それとも他にあるのかと、彼の笑顔を見ながら考えるのだった。

その夜、久々に騎士団の飲み会に参加したキイラ。

キイラは、ウォルフォードとガドナーに以前の挨拶のことなどいじられながら、最後には彼らに勧められるままに剣を光らせ、場を盛り上げるのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話60話の感想

キイラは団長職に復帰したので、その制服を着たのですが、エミリーが絶賛していましたね。エミリーは熱烈なキイラファンです。

今回のエピソードは、コゼット本人や、その協力者が登場しなかったので、平和な内容でした。

回帰前とは違い、騎士団も今はキイラを受け入れ、結びつきが強くなっていますよね。

もしコゼットの策略で、屋敷の外で立場が悪くなっても、屋敷の中のほとんどが味方なので、キイラを護ることができます。

それに、ジョゼフとキイラの仲も進展しそうですね。ジョゼフは回帰前でも彼女の味方だったので、これほど信頼できる者はいないでしょう。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください