漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」46話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomico、めちゃコミックで連載中の「捨てられた妻に新しい夫ができました」原題・버려진 아내에게 새 남편이 생겼습니다、漫画・lobster、原作・Alice

毎週木曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」46話のネタバレ

グレイス・ラマンがクロエを誘った、バレエ団の公演の当日。

クロエは待ち合わせ時間より遅れて現れ、さらに専属侍女のベッシーよりないがしろにされたので、グレイスは苛立った。

このサントブルニ劇場は、古くからある建物なので、裕福で教育熱心だったクロエの両親は、クロエを幼少時に連れてきいた。

なので、劇場に懐かしむクロエに対し、ご両親の思い出の場所に招待できたなんてと感動したフリをし、子供を産んでから子を想う親の気持ちがわかるようになったと話した。

クロエはそんなグレイスを、冷ややかな目で見つめる。

するとブリニクル侯爵夫人だと気づいた貴婦人たちが、クロエに次々と挨拶し始めた。

貴婦人らは、クロエの着けているブローチが、エルロイン・ヘイウッド伯爵夫人のものとお揃いであることに気づく。

クロエは、友情の証として頂いたのだと話すと(40話)、珍しいパープルサファイアが使われていることも含め、社交界に影響力のあるエルロインと親しいのだと知ってもらうことができた。

貴婦人らは、クロエの同行者であるグレイスについても、そのような親しい人物なのかと尋ねる。

グレイスは期待するが、予想とは裏腹に、それほど親しくはない、以前お世話になった方だと言われただけだった。

だが、少しでもクロエから好意的な言葉が出れば、噂の平民あがりの侯爵夫人の幼少時代を守った人として、チヤホヤされるのではないかと考えた。

グレイスはクロエに紹介してもらえないので、自ら挨拶するために前に出ようとしたが、メリッサ・アントン(クロエの家庭教師)を見つけたクロエに遮られてしまう。

クロエとメリッサの二人の仲の良さを見ていた貴婦人らは、ブリニクル侯爵夫人は聡明なメリッサと親しくなれるのだと評価を上げた。

グレイスは、大金を支払ってチケットを用意したのにと、全く相手にしてくれないクロエに苛立つのだった。

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」46話の感想

グレイスが下心丸出しで贈った、バレエ公演のチケットですが、クロエが招待に応じたとはいえ、グレイスの思う通りにはなりませんでした。

クロエはグレイスを見限ったので、まともに相手する気はないようです。両親と子供の話で、余計にクロエを不機嫌にさせていましたしたね。

また、クロエは前回社交活動を頑張っていた効果があったようです。わざわざ声をかけて来てくれる人は、もともと好意的なのかもしれませんが、遠巻きにされるよりは良いですよね。

しかもエルロインやメリッサと親しくしていることを知ってもらえたので、平民出身とはいえ、貴婦人に相応しい教養があることも、周囲に伝わったのではないでしょうか。

グレイスは、自分を蚊帳の外にするクロエに苛立ち、表情を取り繕うこともできなくなっています。クロエはそんなグレイスに、冷たい視線をむけていました。

次回、公演のエピソードはまだ続いて、とことんグレイスの面子を潰すのか、それとも発表会まで話が飛ぶのかわかりませんが、どちらにしても、もうグレイスが挽回できることはないのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください