漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」47話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」原題・오필리어가 공작가를 벗어나지 못하는 이유

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」47話のネタバレ

ブランシェ男爵婦人は、オフィーリアに愛情を注いでくれた。

オフィーリアの母は、自ら婦人の看病をかってでたのだが、そのときブランシェ男爵夫人は、悲しそうなオフィーリアに、そういう運命だから仕方ない、悲しむことはないと、最期までオフィーリアの心配をしてくれた。

その瞬間、オフィーリアは、自分と母がやっていることは殺人で、決して許されないことだと知った。

ブランシェ男爵夫人の死はオフィーリアにとって大きな衝撃だったので、ブランシェ男爵を救えないかと考えた。

だがオフィーリアの思いとは違い、ブランシェ男爵は妻の死を嘆くこと無く、むしろ婦人の死を歓迎しているかのように、母に求婚した。

だからオフィーリアは男爵に失望し、どうせ母に嫌われたら殺されるだけだと、傍観することにした。

数年後、予想通り男爵は死んだ。

さすがに母は周囲に疑われるようになったので、オフィーリアは、後始末を慎重にしなければと考えた。

母に殺される男たちは、自ら母に群がるのだから死ぬのは勝手だと思ったが、ブランシェ男爵婦人は、本人に何の責もなく母の欲望のために殺されたので、オフィーリアは罪悪感と懐疑心を抱いた。

妻をないがしろにする夫の態度や、オフィーリア母娘と過ごすほど悪化することなど、ブランシェ男爵夫人はもしかしたら自分の死を悟っていたかもしれないと思った。

オフィーリアは母に、もう十分生活ができるのだから、もうやめて、昔みたいに二人で暮らそうと言った。

だが母の顔を見たオフィーリアは、母がまだ満足していないことと、過去の殺人を忘れたかのように微塵も気にしていないことを悟るのだった。

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」47話の感想

ブランシェ男爵夫人は、イゾルデ(オフィーリアの母)の欲望を満たすために殺され、オフィーリアもそれを止めることができなかったので、オフィーリアは罪悪感を持ちました。

確かにブランシェ男爵夫人は、巻き込まれただけの完全な被害者ですよね。

男性たちもイゾルデの本性を知らなかっただけなので、被害者ではないかと思うのですが、オフィーリア的にはそうではないようです。だから、アレクサンダーの父を平気で巻き込んで殺したのですね。

オフィーリアにとって継父たちは、自ら母にまとわりつき、母を満足させることができなかった無能な者なのでしょうか。

イゾルデの方は、人を殺してでも欲望を叶えようとし、そしていつまでも満足することができませんでした。そんなイゾルデを止めるには、馬車事故を起こしたように、物理的に動きを封じるしかな勝ったのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください