漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」162話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役のダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

※前回のエピソードはコチラ

※登場人物まとめはコチラ(ゆっくり編集中です)

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」162話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

彼が、現れたインベントリのクエスト画面をアイザックに説明すると、領主審査前に解決してやると言われる。

その頃、ルビアは不安になりながらも、彼が作ってくれたチャンスを潰したくないと思い、無理して仕事をしていた。

護衛のクリスティーナは、ルビアのそのような思いを聞き、自分も彼のおかげで良い主君に出会えたから気持ちはわかると言う。

ただ、焦って自分を追い詰めると精神をすり減らすだけなのに、自分の主君のそんな姿は見たくないと、クリスティーナは自分の過去を思い出しながら伝えた。

そしてルビアに、一人で何でも抱え込まずに周囲を頼ってほしいと言うと、いつの間にか窓に腰かけていたレナが、その通りだと言う。

侵入者に驚いたクリスティーナが、レナに剣を向けたので、ルビアが慌てて止める。

レナは、お久しぶりとニヤっと笑うのだった。

一方、彼は瞑想Lv.2と集中Lv.2を使いながら、インベントリクエストを5万回まで進めていた。

彼は退屈で仕方がなかったが、アイザックには、そもそも亜空間の能力を簡単に得られるわけがないと言われ、集中力を切らさずに続けるよう指示される。

物体が空中に入ったときに、物体の重さの蜘蛛の糸を断ち切り、物体の前と後ろを繋げたものなので、蜘蛛の糸を断ち切るために物体の両面を把握するように努めろとのこと。

日も暮れた頃、インベントリクエストは集中力が乱れたため20%回数が増えたものの、的確なアドバイスで70%減ったので、36万回の認識でクエスト完了した。

彼は、インベントリの白い半透明な画面をつまんで引き伸ばすことで、インベントリのレベルが上がることに気づく。

クエスト完了で同化率が65%以下になった(66.17%→64.97%)ことが影響し、使用権限が一部覚醒し、インベントリLv.?が発動、収納空間が拡張されたと表示された。

そして変形が可能になり、大きな一枚の布になって、彼の体にマントのようにかぶさった。

それを見たアイザックは、蜘蛛の糸が編み込まれる前の状態にするのは、世界を点のレベルまで把握しないとできないことだが、その領域に達したのだなと彼の成長を認めた。

そして自分は正しかったと呟き、倒れたのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」162話の感想

100万回ものクエスト、アイザックのおかげで36万回で済みました。しかも1日で完了したようですね。1日は86400秒ですし、途中でアイザックとも会話していたので、ものすごい速さで硬貨を出し入れしていたのでしょう。そりゃ飽きますよね。

100万回クエスト、裏技的なことでクリアできないものかと思っていたら、アイザックが裏技でした。

それで得たインベントリ画面は、手で直接変形させることができたので、実体化されているようです。また、アイザックの視線はインベントリマントが認識できているように見えます。

蒼天の画面は客やシナリオキャラにしか見えなくても、他の色の画面なら見えるかもしれないですね。

さて、ルビアの方ですが、彼からもらったチャンスを活かすために、レイ・カークを暗殺するつもりでした。ですが果たして3カ月でやりきれるのだろうかと、不安になっています。領民の命もかかっています。

ルビアと同じように、彼に世話になったクリスティーナは、ルビアを励まし、信頼関係を築いています。そこにレナも現れたので、彼に恩がある3人の女性が集まりましたね。

既に実力も判断力もあるレナが加われば、ルビアの不安も解消されるのでは。

レナがここにいるということは、T&Tギルドの首都の活動は一区切りついたのでしょうか。レアンドロ侯爵とビブリオがどうなったのか教えて欲しいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

5 COMMENTS

Google翻訳の文法で申し訳ありません

蜘蛛の糸の説明、世界のすべてのものの存在形式への言及、案の定、見れば見るほど、前の考察通りプログラムでオブジェクトを構築・定義するという概念のように見えます。「蜘蛛の糸が編み込まれる前の状態にする」「世界を点のレベルまで把握し」など、オブジェクトを元の状態に戻しは、フォーマットや圧縮などを行うようなものです。
そもそも空間ポケットの概念は、システムでは「インベントリ」と呼ばれ、それ自体がすべてを示唆します。だからそれらは実際のボリュームのない単なるデジタルデータの集まりであり、仮想空間で表される値は書き換えることがもちろんできます。

同化率の低下、使用権限が一部覚醒などのメッセージから判断すると、この一連の機能が開放するのシステムクエストは、同化率の低下によってトリガーされるように見えますか?前のバムタンの隠し情報と同じようです。(マッドキャッシュの空間ポケットと催眠に関しては、これらの存在はシステム自体と密接に関連しているようです)

完了する必要のある前提条件(クエスト)に加えて、特定の同化率まで与えられない隠しクエストおよび機能の開放、どいうデザインがありそうです。
——「同化率」自体は、実はあるシステムによって判断される、世界への「客」の攻略進捗状況のような指標でしょうか(過去に同化率を低下させた状況を見れば、多くの手がかりがあります)?そしてこれをもとに、兵士ポイントなどの新機能を継続的に開放。

そういえば、一般的に基本的な機能であるこの種のものは、ゲームがすでに中盤に進んだ後にのみ受け入れられる隠しクエスト後がアクティブ化できることのようにをデザインしますか?
S / Lメカニズムなどの仕樣に関係している可能性がある、開放が早すぎると、多分ゲームのバランスが崩れてしまいます。(そして、たまたま世界構造が完全に広がったこの時期であり、運用なしで攻略を継続することは困難ですから、この機能を開くのがちょうどいいかも)

本話でのアイザックの最後の発言と、寂しい感のある演出の意味は何ですか?
…原作者(または漫画作者)は、この種の死ぬ死ぬ詐欺ぽいの演出をアイザックに使って話を終わらせるのが本当に好きなようですね。(これまでに多くの例があります)

返信する
猫野

なるほど、プログラムされたあの世界なりの表現が、蒼天の穴/窓、蜘蛛の糸で、インベントリ機能についても納得です。
同化率については、一般的なものだと『増加』して一定のレベルに達することで、何かがアンロックされるというのがわかりやすいのですが、この漫画は『減少』することでアンロックされるので、設定された目標からどんどんずれていくような感覚があります。ですが、同化率が攻略進捗状況を表しているのは間違いなさそうですね。
インベント機能は、確かに一般のゲームなら早々に獲得するスキルのような気がするのですが、この漫画のものはゲームバランスを崩すほどの影響がありそうですね。おそらく収納されたものは復活で失われないでしょうし、マントのように広げられるから、攻撃吸収のような使い方もできるかもしれません。
アイザックの演出はいつも意味深ですが、毎度のことなので、何も思わなくなってきました(笑)

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

そもそも、このゲームの元々のデザインと「扱い」の意圖、仕樣の基準は何ですか?
考えずにはいられない、現在の主人公のような存在は、普通の、予想されたのプレーヤー(客)の一種ですか?

(一般的な仮想世界ゲーム製品の常識によると——)

たとえば、この作中作(このキャラクターが住むゲームの世界)ではメタフィクション技法が元々使用されていた場合、同化率は元々ゲームシステムインターフェイスでプレーヤーに与えられていたのヒント、世界とプレーヤーキャラについての隠されたの真実が示唆されています。(それはマトリックスのような設定と展開のようなものです。意図されたデザインの最終的なクライマックスは物語を逆転させます)
つまり、主人公のような「異常な」キャラクターの存在は、物語の世界で合理的な論理を持っており、システムもこれをキャプチャし、パズルとしてインターフェース自体を含むように設計しました。(正確には、順序が逆になります)

しかしそうでない場合、同化率はおそらく(このゲームの世界では)メタ的なホワイトボックステスト層でのパラメータ。
では、なぜこのシステムのインターフェイスは、一般的なユーザーエクスペリエンスにとって意味がなく、意味不明であるはずのこの種のパラメータを明確に表示できるのでしょうか(これが何らかの開発者モードでない限り)?さらに「システム想定外」の意味でのパラメータ自体の変動も。(本当に話したいのであれば、そのようなパラメータに関連するコンテンツを完全に設定することは、一般的に使い捨ての一時的な開発サポートツールとして、それ自体が疑わしい)
想定外なのに、異常なバグや修正が多すぎることはありませんで(多分102話の内容は一例ですか)、どうやらこのコンセプトは普通に、世界のシステム全体に統合されているようであり、とても親切に「システムに設定されている設定から外れていますが、正常に再生できます」のような「都合がいい」の仕樣……

その前に、TaoChengさんと一緒にS/Lメカニズムと蓄積レベルのインターフェースについて考察し、おそらくシステム全体は、後に特定の目的のためにケビン・アシュトンなどの存在によって變更された仮説は、これらの違和感をある程度説明できるはず。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

補足:兵士ポイントの「世界否定」プロジェクトから判断すると、それが文字通り私たちがそれに関連付けるものである場合、真実はとにかく後者の存在を含まなければならないようです。
(単純な前者も可能ですが、通常のデザインではありそうにありません)

返信する
猫野

なるほど、設定から外れていても正常内であること、世界否定という選択肢もあることを考えると、同化率の低下はおかしくないのですね。スッキリしました。
TaoChengさんとGoogle翻訳さんのおかげで、ストーリーを深く理解することができ、とてもありがたく思っています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください