漫画「入学傭兵」60話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」60話のネタバレ

壮馬と梨々花は、壮馬の友人である佐々木、飯田、片山とともに、ゲームをしてお茶を飲む。

彼らは、見た目だけでなく性格も良い梨々花との交流に夢心地だった。

その後、梨々花は車を運転しながら、助手席に座る壮馬に、まさかボディーガードが高校生だとは思わなかった、でもそのおかげでゲームを楽しめたと話す。

梨々花は、デビューしてから仕事ばかりだったので、一緒にゲームするような友達がいないそうだ。

壮馬がボディーガードの仕事をするのは、妹の誕生日プレゼントを購入するためだと聞いた梨々花は、弟と疎遠ため、羨ましがる。

梨々花は壮馬を家まで送ると言うも、壮馬は梨々花の家までついていくとのこと。

梨々花の家の前に到着すると、スーツを着た男性(満田)が待っていて、理事長がお待ちだと言い、彼らの車に乗るように促す。

壮馬は同行を断られ、男と睨みあいになるが、梨々花は壮馬が巻き込まれないよう、大丈夫だから帰宅するようにと微笑む。

壮馬はそれでも待つと言う。

梨々花が後部座席に乗り込むと、男が待っており、電話をかけ直さなかったことを責める。

梨々花は、何故そんなことをする必要があるのか、別れてかなり経つから今後は連絡しないでほしいと言い、車から降りようとすると、男は梨々花の手を押さえつけ、梨々花だけでなく彼女の両親の仕事まで潰すと脅す。

すると男の後ろの窓ガラスが割られ、襟を掴まれた男は外に投げ出される。

壮馬はドアを開け、梨々花を助け出す。

男は、部長の満田も倒されていることを知り、一旦ひきあげた。

梨々花は、あの元カレが危険な男のため、どうしようと戸惑っていたが、壮馬が平然としていることや、ボディーガードの仕事をやり遂げようとしていることに苦笑し、助けてもらった礼を言うのだった。

漫画「入学傭兵」60話の感想

佐々木たちは、憧れの梨々花と遊ぶことができて嬉しそうです。ゲームの腕前は、げっそりするほど下手だったようですが、いい思い出ができましたね。

さて、梨々花の元カレが登場しました。

梨々花の悪質なストーカーって、この理事長みたいですね。裏稼業の人?とりあえず関わってはいけないタイプです。

今回は、ゲームしていたせいもありますが、壮馬が一緒で良かったですね。

荒事なら壮馬は一人で対応できるだろうし、例えあの男の会社総出で騒がれたとしても、SWグループが黙らせるでしょう。

事務所のボディーガードの伊藤だったら、どう対応していたのでしょうか。上下関係をうるさく言うあたり、権力者には弱そうです。

また、杏奈はどういった経緯で、梨々花を護衛させようと考えていたのかわかりませんが、危険な仕事をやらせるつもりはなかったはず。後で知って慌てそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください