漫画「入学傭兵」59話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」59話のネタバレ

芸能人への脅迫やストーカーなどは珍しいことではなく、事務所側でもボディーガードをつけていたので、今回壮馬を梨々花の護衛につけたのは、杏奈が負傷した壮馬を気遣ったものだった。

その頃、梨々花はスタジオで撮影中だった。

事務所のボディーガードの伊藤は、その間に壮馬が周囲の見回りをしていたことが気に食わず、怒鳴ろうとする。

そのタイミングで撮影が終わった。

だが壮馬が、すぐに警察が来るのでここから出ないで調査を受けてください、と皆に呼びかけた。

壮馬は、控え室で小型カメラを見つけたのだ。

防犯カメラを確認したが、控え室の入り口には防犯カメラがなかったため、誰がやったかはわからなかったとのこと。

スタッフたちはざわつき、梨々花は真っ青になった。

伊藤が、何故今話すのかと唾を飛ばして怒鳴ると、壮馬は、梨々花があの後に控え室を利用しなかったこと、撮影の邪魔になると思ったということ、そしてカメラを回収にきた者と、ここを逃げ出そうとする者もいなかったことを説明する。

伊藤は壮馬から小型カメラを取り上げようとするが、壮馬は、マネージャーが預かるべきだと言う。

マネージャーは、伊藤が警察と共に調べるから預けて欲しいと言うので、伊藤に任せる。

伊藤は壮馬から小型カメラをもぎ取ると、話があるから外に来いと言う。

伊藤は、何故上司である俺にすぐ教えないのかと怒鳴るが、壮馬は、あなたは上司ではないと言い返す。

頭に血が上った伊藤は、壮馬に手を振り上げるが、壮馬はガードし、伊藤は悪態をつきながらその場を去った。

その後、壮馬、梨々花、マネージャー、伊藤の4人で車に乗り、梨々花を自宅まで送る。

誰が小型カメラを仕掛けたかすぐにわからないので、梨々花は不安そうだった。

梨々花の自宅に到着すると、壮馬はそのまま残り、自宅周辺を見回る。

すると、マスクで顔を隠した梨々花が、コンビニに行くために門から出てきた。

梨々花は、まだ壮馬がいることに驚いていたが、壮馬は自主的に護衛についた。

その後、コンビニでラーメンをすする梨々花は、幼い頃から仕事をしているので、気楽に外を歩けないとこぼす。

話の流れで、放課後はネットカフェにいると話し、高校生だとバラしてしまった壮馬は、仕方なく梨々花を連れて、佐々木達のいるネットカフェに行くのだった。

漫画「入学傭兵」59話の感想

あの控え室に、小型カメラがあったのですね。壮馬は換気口などを見上げていたので、そのあたりに隠されていたのかもしれません。

壮馬はプロの傭兵なので、誰よりも心強いですよね。あの容姿なら相手を油断させることもできますし。

伊藤は相手が近寄りがたい威圧感があるので、トラブルを未然に防ぐ効果はあると思います。ただちょっと短気すぎますね。肝心のボディーガードの伊藤が、壮馬の容姿に惑わされています。

本当は二人で協力すべきでしょうけど、ハナから協力する気がないならうまくいきません。お互いに単独で動いた方が確実かもしれませんね。

マネージャーの押しの弱さは、このような事態にでくわしたことがなく、よく知らないなら仕方ないのかも。普通の人の反応だと思います。

梨々花は、小型カメラが見つかって青ざめていましたが、それでも一人で外出しようとしましたね。それほどストーカー被害が日常的にあり、麻痺しているのかもしれません。ストレス解消にしては、その日は危険過ぎますし。

壮馬が残っていて助かりましたね。その壮馬は、つい学生だとばらしてしまいましたが。

そのおかげで佐々木達は、生梨々花に会えるという幸運に恵まれました。驚きすぎて青ざめているのが面白いです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください