漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」117話・外伝3話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」117話・外伝3話のネタバレ

セザールは娘の口下手ぶりに、子供の頃カナリアに会話が続かないと怒られたことを思い出し、カナリアの気持ちを理解できた。

するとセシルの髪のリボンがほどけたので、セシルはリボンを結んでほしいと、セザールに目で訴えた。

セザールは戸惑いながら結び、セシルにありがとうと言われてホッとする。

そこへカナリアとイアニスが戻ってきたのだが、おかしな結び方になったセシルの髪を見て、イアニスが爆笑する。

セシルは鏡で確認して驚くと、今度はそのタイミングでイーサンがやってきた。

愛しのイーサンに見られてしまったショックで、セシルは涙ぐみ、謝ろうとするセザールから顔を背ける。

イーサンは、僕が結び直しますからと言い、泣くセシルを抱き上げて連れていった。

セザールは、また大量の本を読んで解決しようとしたことが、以前も本に頼って失敗したことがあったため、考え方を変えることに。

セザールは、眠る前にカナリアに、娘との関係改善について相談する。

カナリアには、セシルは口下手で大変だろう、セザールの幼い頃と同じだと言われ、ノアと私の間を疑ったときもと、からかわれ始めると、慌てて口づけして話を止める。

カナリアはそんなセザールの態度が可愛くて、つい笑ってしまう。

セザールはカナリアに、髪を結ぶ練習をお願いするのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」117話・外伝3話の感想

口下手なセザールが、口下手な娘相手に苦戦しています。

簡潔な受け答えしかしないので、会話が広がらないのですね。でもそれも良いと思いますが。

親子なのに緊張しているセザールですが、皇帝なので忙し過ぎて、娘とゆっくり過ごす時間があまりなかったのでは。

だからセシルも、セザールにリボンを結べという、不器用なセザールには難易度高いお願いをしてしまったのでしょう。

ちなみに彼はセンスもずれています。カナリアなら頼まないと思います。

セザールなりに努力した結果、チョロギみたいな髪に仕上がりました。しかもそれを麗しのイーサンに見られてしまったセシルは、セザールから目をそらすように。

セザールは、娘に嫌われてしまったと、本の知識に頼ろうとしましたが、それも以前に失敗していましたね。そのことを思い出し、方針転換したセザールは成長しましたね。

カナリアとセザールは相変わらずイチャイチャしましたが、セシルのために髪を結う練習が始まりそうです。何でもそうですが、慣れるまで大変ですよね。

是非セザールには複雑なアレンジができるほど上達してほしいです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください