漫画「実は私が本物だった」最新話51話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話51話のネタバレ

エミリーがコゼットの専属メイドになる前。

エミリーはキイラに、キイラが話した通り、庭でドレスカタログを読んでいたらコゼットが寄ってきて、週末に衣装室に見に行こうと誘ってきたのだと報告した。

相手の欲望を餌に飼いならすやり方は、コゼットの常套手段だとキイラは理解しており、エミリーにコゼットを慕うふりして監視をしてほしいと頼んだ。

エミリーは、衣装室を見たかっただけで、決してキイラお嬢様を裏切るつもりはないと言うと、キイラは、信じていると言い、エミリーの手に赤と金のブレスレットを着けた。

そういうことだったのだと、エミリーがロゼに説明した。

二人の近くのガゼボで、キイラとジョアンナがお茶をしており、コゼットがまだキイラに謝罪していないと聞くと、ジョアンナは眉をひそめた。

ベアトリーチェの精霊石の噂について、キイラが、コゼットを育てた平民夫妻が教えるわけがない言うと、ジョアンナは、バインベルグ伯爵が教えたのだろうと言う。

ベアトリーチェの精霊石で発現できると考えているから騒いだのだろうと、ジョアンナはコゼットが理解できず、悪い印象を持ったようだ。

精霊石は、精霊との契約を証明するもので、触れたからと言って能力が発現するわけではない。

キイラは、どうして回帰前のコゼットが大伯母に会いにいったのか、と考え始める。

キイラをくだらない嘘でだまそうとしたのは、隠された精霊石を破壊するためではないのかと気づいた。

ジョアンナは、コゼットを調べた際、本当に何も情報がなく、バインベルグ伯爵がどうやって探しだしたのか、変に思ったそうだ。

キイラは、いずれ真実は明らかになると笑みを浮かべる。

ジョアンナが、キイラがコゼットに虐められないか心配だと言うと、キイラは、それなりに備えてあるから大丈夫、頼もしい味方もいると答えるのだった。

その後、キイラは待ち合わせしていたエレズに会いにいく。

キイラはエレズを見て、自分がエイデンの見た目に騙されていた頃を思い出し、思わず笑ってしまうのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話51話の感想

やはりエミリーのブレスレットは、コゼットから与えられたものではなかったですね。キイラから与えられたものでした。エミリーはとても嬉しそうでしたね。

さすが2度目の人生を送るキイラは強いです。コゼットがどう動くか予測できるので、相手が仕掛けてくればやり返すことができますね。

しかしコゼットの狙いが、精霊石の破壊かもしれないということには驚きました。精霊石の在り処を知りたがっていたようですが、恐ろしいですね。

これが神託の内容である、偽者によって大陸が危機に直面する、ということに関わっていそうです。

精霊石を破壊されることで、精霊士とベアトリーチェの繋がりが弱まり、魔族の呪いによって干からびた大地を癒せなくなったり、魔族そのものに襲撃されるかもしれません。

今回は、エレズという強力な味方もいますし、ジョアンナもキイラの味方になってくれるようなので、安心ですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください