漫画「帰還者の魔法は特別です」160話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」160話のネタバレ

ラディンは、魔法剣士についてどちらも極められない中途半端者だと罵った。

だがアゼストに、どのようなことを言ったとしても、お前はアウターに加担した犯罪者だと言われ、激怒して襲い掛かる。

飛んできたアゼストの大剣を蹴り飛ばしたラディン。

アゼストは極氷の中心を持ち、初めて実戦で使うことにした。

ラディンは、剣の持つ異様な雰囲気とその威力に驚いたが、オーラ攻撃で襲い掛かり、アゼストにダメージを与えたと思った。

だがアゼストは無傷で、極氷の中心の冷気でラディンを凍らせると、ラディンを粉砕した。

その頃、デジールは防戦一方だったので、ドラキュルは様々な攻撃を放ちながら、デジールを挑発した。

ドラキュルは、デジールが避けながら補給路から遠ざかっていることに気づく。

補給路は人が多いので、戦闘に巻き込まれないように動いていたのだった。

また、血をマナに換えるやり方は、戦場では効率がいいが、無限に使えるわけではない。

ドラキュルは、ダデニュフを倒したときの魔法を放ってみるがいい、魔法を発動させることができるならばと言う。

デジールは、ここから第二ラウンドだと言い、秘密兵器の大きな杖を取り出すのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」160話の感想

魔剣士は、どちらかにしか才能が発揮できない者からすれば、中途半端な存在に見えるのでしょうね。

魔法と物理だけで区別するからそう思うのであって、全く別のカテゴリーだと考えればいいのにと思います。アゼストは、魔剣士という枠の中では頂点に近いのでは。

極氷の中心は凄まじいですね。それでももっと成長できるのでしょうね。

デジールの方は、また血で操られるものが発生しないように、人のいない方へ避けながら移動していました。

デジールのみで良かったですね。パーティーメンバーが操られたら、ひとたまりもありません。

ドラキュルは、かなり大胆に魔法を使っていますが、デジールの指摘通り、血液切れになってしまうのでしょうか。

そしてデジールは、やたらと大きな杖を取り出しました。

デジール自身のマナ量は少ないですが、ダデニュフ戦のときにジョードの杖を借りたときのように、杖にマナを溜め込んでいれば、高ランク高威力の魔法が使えますね。

序盤で血を大量に使ってしまったドラキュルは、デジールの魔法に耐えることができないかもしれませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください