漫画「接近不可レディー」38話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「接近不可レディー」原作:Kin、作画:Mingsung、原題:접근 불가 레이디

毎週月曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「接近不可レディー」38話のネタバレ

ヒリスは、魔物を見つけるために異能の痕跡を辿って屋敷内を探していたら、地上最後の王と当時の4大家門当主たちの絵画だった。

亡き王を称えるために、王の心臓を4つに分けて食べたそうだ。

この絵画の王の心臓から異能の力を強く感じたので、思わず手を伸ばしそうになる。

だがベルの音が聞こえ、時間になったのがわかったので、もう少し絵画を見たかったが、庭へと向かった。

遅れて到着したアクシオンは、庭で特別な贈り物をお披露目するからと、使用人に庭へと案内された。

庭には大勢の招待客が集まっていた。

贈り物の披露は珍しいことではないのものの、アクシオンはなんだか嫌な予感がしていた。

ヘリオナは皆に、母から贈られた希少種の魔物をお披露目すると言い、布がかかった巨大な檻の前に立った。

ヘリオナは、かわいい魔物だと言いながら掛け布をとったが、檻の中にいたのは目と口から血を流す恐ろしい魔物で、檻を破壊して飛び出てしまった。

クリスティアンは、人目が多いから惨いことにならないよう、なるべく凍らせて制圧しようと考え、異能を使った。

だがすぐに氷を破壊され、魔物は逃げ遅れたビオレッタに襲い掛かった。

アクシオンが異能を使い、魔物を捕らえたので、ビオレッタは助かった。

アクシオンは魔物を捕らえたものの、すぐに死ぬ気配なかったので、どうしようか考える。

するとこっそり魔物の核が破壊され、魔物は死んだ。

アクシオンは、ヒリスの異能を感じ取る。

そこへやってきたヒリスは、魔物を一度で仕留めてしまうなんて、さすがベルゼット家当主だと言い、アクシオンの手柄にしようとするのだった。

漫画「接近不可レディー」38話の感想

ヒリスは、王と4大家当主の絵をアメリエ家で見つけました。

異能の力を放つこの不思議な絵を、何故当主達の家ではなく、傘下の家が持っていたのでしょうね。他にもあるのでしょうか。

また、絵についてですが、王の心臓を4つ分けたのなら、4家の血を集めると何かが起こるとか?何かしら意味があるのでしょうね。

さて、ヘリオナの母から娘に贈られた、希少な魔物は、カリキアの血で異形化されたモンスターでした。よく知らずに購入してしまったようですね。

ビオレッタが襲われそうになりましたが、アクシオンが助けました。過去でも同じ状況だったのでしょうか。

アクシオンはモンスターのトドメの刺し方がわからなかったのですが、ヒリスがこっそりモンスターを始末しました。

また疑われたくなかったのか、アクシオンの手柄だと偽りましたが、ヒリスの異能は香りが強いですし、アクシオンはさすがに気づいたでしょう。

そういえば、前回悲鳴をあげたガブリエルはどうなったのでしょう。この様子だと巻き込まれてはいないようですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください