漫画「緑陰の冠」52話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます。毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

小説版の物語の前半をざっくりまとめたものはコチラ

漫画「緑陰の冠」52話のネタバレ

剣を持って対峙するユスタフと皇太子。

皇太子がユスタフに斬りかかり、ユスタフは剣で受ける。

皇太子の剣に、振動する魔法がかかっていることに気づいたユスタフ。

持続時間はそう長くないようだ。

ユスタフが挑発すると、皇太子はわかりやすくひっかかり、ユスタフに腕を肘打ちされ、剣を落としてしまう。

剣を拾う羽目になった皇太子は、怒り心頭だった。

皇太子の剣は、ただ振動するだけではなく、何度か当てると相手の剣を破壊するものだった。

皇太子は、折れた瞬間にユスタフの首を斬ろうと考えていたが、折れた瞬間にはユスタフの膝蹴りを顔面に食らう羽目になり、鼻血を出して決闘終了となった。

オリビアは笑いそうになるのをこらえながら、勝者は決まったと宣言する。

ランがユスタフの胸に飛び込み、不安気にしていたので、ユスタフは家に帰ろうと促す。

決闘でユスタフが勝利したこと、皇太子が魔法を使ったことが貴族間に広まり、皇太子は馬鹿にされた。

その後、ユスタフは第二皇子ラベルのもとを訪ねるのだった。

漫画「緑陰の冠」52話の感想

ユスタフ相手では、いかに魔法剣でも、皇太子では勝てませんでしたね。

漫画版だと蹴って鼻血を吹かせて終了でしたけど、小説版だとユスタフの折れた剣の柄から刀身がすっぽ抜け、皇太子の下半身近くに刺さっていたようです。小説だと2巻の197Pでした。

小説版は大人向けなので暴力残虐表現がありますが、漫画版はさすがに全年齢が読めるように、柔らかい表現になっていますね。

どちらにしろ、皇太子の評判は最悪です。挽回するのは相当な努力が必要ですよね。

こういうときは妻が支えてくれればいいのですが、オリビアは皇太子を愛しているわけではないですからね。

さて、皇太子は皇帝との間に溝を作ったうえに、反則がバレて評判はガタ落ちです。

そこでユスタフは第二皇子ラベルに接触しました。政略に巻き込まれたくないと言っていたラベルですが、ユスタフの訪問をどう対応するのでしょうか。

ユスタフは表情をほとんど変えないので、相手する方は考えが読めなくて苦労するでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください