漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」34話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」原題・오필리어가 공작가를 벗어나지 못하는 이유

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」34話のネタバレ

クロードの母親は、クロードを育てる余裕がなく、生まれてすぐに孤児院に預けた。

そこへたまに顔を出し、衣服や小遣いを与えてくれたのが、クロードの父キャメロン卿だった。

クロードは父が会いに来てくれて幸せだったのだが、オフィーリア母娘と結婚したことで父が来なくなり、父と子の縁が切れてしまったのだ。

望まれない子だから仕方ないと思おうとしたが、何故自分だけ苦しまなければいけないのか悔しくなったのだった。

オフィーリアは、抗魔力ネックレスさえ奪えばと思い挑発してみるが、激怒したクロードの様子が異様だったので、逃げることに。

だが、ものすごい力で手首を掴まれてしまう。

オフィーリアが抵抗して腕に噛みつくと、今度は本当に殺してやると首を絞められた。

すると、いつの間にかクロードの背後にいた彼が、クロードを斬りつけて、彼女を助けた。

オフィーリアは彼の声を聴いて、何故この甘い声をクロードのものと勘違いしたのかと思う。

オフィーリアは、倒れてもがくクロードの顔に手を伸ばすと、抗魔力ネックレスをもぎとるのだった。

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」34話の感想

キャメロン卿は、一応クロードの顔を見には行っていたのですね。でも引き取ることはしませんでした。

義務感だけで愛情があったわけではなかったようです。

だからオフィーリア達が現れたら、簡単に離れていってしまったのでしょう。

クロードからすればぬか喜びだったし、自分とは違い、愛されて何不自由なく暮らすオフィーリア達はさぞかし憎かったことでしょう。

突然現れた母娘に簡単に奪われてしまいました。しかもオフィーリア母娘は、キャメロン卿の愛を簡単に捨てました。許せないですよね。

でもオフィーリアを殺そうとするのではなく、オフィーリアの母が毒を使っていたことを調べ上げればよかったのでは。クロードは皇室公認の1級捜査官なのですし。

憎むあまり暴走しているのでしょうか。

また、彼が助けに来てよかったですね。誰かはバレバレだと思いますが、相変わらずオフィーリア以外には容赦ないですね。しがみつくクロードを、追撃でグサっと刺していました。

オフィーリアはオフィーリアで、クロードの顔に触れて何か言うのかと思いきや、死ぬ方はどちらかと冷ややかな笑みを浮かべていました。

この漫画、メインキャラクターはネジが飛んだ人ばかりですね。ヤンデレ漫画です。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください