漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」35話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」原題・오필리어가 공작가를 벗어나지 못하는 이유

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」35話のネタバレ

オフィーリアが10代前半の頃、母はキャメロンの妻となったが、キャメロンは騎士の仕事で家を空けることが多かったので、母が領地を見回った。

その間、オフィーリアは捨てられないかと不安な気持ちで、ただひたすら戻ってくるのを待つ日々だった。

一人寂しくブランコに乗り、母の帰りを待っていると、庭先に一人の少年が現れた。

少年は、何故泣いているのか、幸せではないのかと言う。

オフィーリアは、幸せだと言い返すと、少年は、そう言えていいなと言い、すももをくれた。

その日から、オフィーリアはその少年と遊ぶようになった。

だが、二人で屋敷の中で遊んでいるところを母に見つかってしまい、母の差別的な態度によって、少年は逃げ出してしまった。

その頃のオフィーリアにとって、母が全てだったので、少年をかばうことはせず母に従った。

そして現在、オフィーリアは何故クロードに見覚えがあったのか気づき、小さい頃に家に来ていた子だろうと指摘するのだった。

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」35話の感想

オフィーリアとクロードは、幼い頃に仲良く遊んでいたのですね。

短い間でしたが、オフィーリアの孤独を癒してくれた、大切な存在だったはず。

オフィーリアの母がキャメロン卿を殺したりしなければ、二人は良い関係を築けていたかもしれませんね。

クロードは、ヘンリエッタを殺し、オフィーリアをも殺そうとしたので、もう捜査官としては生きてはいけないでしょう。顔面もただれてしまいました。

何より、オフィーリア命のアレクサンダーがいるので、このまますんなりと終わるとは思えません・・・

オフィーリアが頼めば、アレクサンダーは多少は怒りを鎮めると思いますが、オフィーリアはどのように判断するのでしょう。

オフィーリアの母親・イゾルデがクロードの人生と人格を歪めてしまったようなものですし、オフィーリアは見て見ぬふりしました。

そのことを踏まえて、彼女はクロードをどうするつもりなのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください