漫画「その騎士がレディとして生きる方法」23話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

イシュタルと呼ばれた女騎士が、同じくイシュタルと呼ばれる貴族令嬢に転生し、仇敵の婚約者と、自分を殺した裏切り者との関係に翻弄される、恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」23話のネタバレ

ルシフェーラに馬鹿扱いしないでほしいと言われたカーリッドは、誤解させたようだと言い、姿勢を正した。

ルシフェーラはイオジープに別れの挨拶をしながら、殿下に頂いたこの御恩は決して忘れないと睨みつける。

ジェザカイアがルシフェーラを馬車までエスコートする。

ルシフェーラは、ジェザカイアが来てくれたから冷静になれたこと、見送りにきてくれたことなど含めて、ジェザカイアに礼を言う。

カーリッドを見て復讐心を抱いたルシフェーラは、エステルの存在は消えずに残っていたことに安堵すると、自然と表情が和らぎ、心の底からジェザカイアに礼を言うことができた。

ジェザカイアは馬車のドアに手をかけて近寄ると、ルシフェーラにもそれなりの事情があるようだから、領地で気持ちの整理をつけたらいい、立ち居振る舞いには気をつけろ、あの時のように軽率な行動は慎めと注意し、ドアを閉めた。

口づけした時のことだと思い出したルシフェーラは、謝っておくべきだったと顔を真っ赤にした。

その頃ジェザカイアも、先程落ち着いていたルシフェーラを見たので、自分だけ悩んでいたのかと考えつつ、せめて謝っておくべきだったと顔を真っ赤にしていた。

一方、会議に出席したアイディン伯爵は、何故か自分の席が皇太子の隣に配置されていたので困惑する。

皇太子はアイディン伯爵に、宝石鉱山での金銭的な支援の礼を言うと、錯乱したと噂のルシフェーラのことを話題に出し、皆で笑い者にした。

そして次には、黒髪のメイドを騎士に連行させ、テミールの前で器を割った罰だと言い、メイドに鞭打つのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」23話の感想

ルシフェーラの態度に、イオジープは気まずそうでしたね。余計なことをするからです。でもこうしてイオジープからのルシフェーラの評価が変わり、良い変化に繋がるのではと期待します。

少なくともイオジープは彼女を軽々しく扱うことはなくなるでしょう。

カーリッドには敵視されましたが、ルシフェーラとしては、親しげに接してくるよりはマシでしょうね。

ジェザカイアは、これまで彼女がピンチのときに現れて助けているので、婚約者としては申し分ないですよね。二人して顔を赤くして、同じ思考をしているようですし、お似合いだと思います。

一方、ルシフェーラの過去の男テミールは、ルシフェーラに馬鹿にされたのが許せないのでしょうね。アイディン伯爵を笑い者にし、さらにルシフェーラのような暗めの髪色のメイドを連れてきて、鞭打ちをするようです。

アイディン伯爵にわざわざ見せて脅してきました。次は娘にやってやるとでも言うのでしょうか。

このような危険な男がいる場所から離れ、領地に戻ったのは良かったですね。

首都に残っていたら、何をされるかわかったものではありません。湖に身投げさせたとき、きっと彼女が死んでも構わないと思ったはずですから。

テミールがこのまま黙っていることはないと思うので、アイディン伯爵は護衛を多めに送るべきですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください