漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話51話のあらすじネタバレと感想

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「お父さん、私この結婚イヤです!」原題:아빠, 나 이 결혼 안 할래요

毎週日曜に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話51話のネタバレ

顔色が悪くなったジュベリアンを見て、ベロニカはとても心配になり、ジュベリアンを座らせ、騎士を呼びに行った。

ジュベリアンは確かに皇太子のことに驚いたものの、もっぱらの悩みはマクスに会えないことだった。

すると神官のような者が現れ、待ち人がいるようだと言い、いきなりジュベリアンの手をとった。

ジュベリアンはマナー違反を注意しようとするが、その神官は、ジュベリアンを時間を逆らった者と呼び、前回は耐えるべきだったのに酷い選択をしたので、大切に思ってくれる人の犠牲を悲しみを感じると言う。

そして、今回は生き残りますようにと言うので、ジュベリアンは、許可なく触れないでと言い、手を振り払ってその場から離れようとする。

何故死んだことを知っているのかと動揺するジュベリアンだが、呼び止められ、寄付金を求められた。

その頃、皇妃に男として生まれていればと怒鳴られた皇女ベアトリーチェ・エブリンは、正体を隠して神殿内で泣いていた。

兄さえいなければ次期継承者は自分だったので、これは全て兄のせいだと怒りに震える。

そんな令嬢(皇女)の近くをジュベリアンが歩いていた。

さきほどのことは、誰にでも当てはまるようなことを言い、ただ寄付金をむしられただけなのではと、ジュベリアンはイライラしており、皇女とぶつかりそうになってしまう。

ジュベリアンは、その令嬢(皇女)が泣いているのが気になったが、お節介になるからと、そっとしておこうと思う。

だがいつまでも泣き続けていたので、ハンカチを渡すと、たかが貴女がごときが同情するのかと、マクスのように威嚇された。

ジュベリアンも社交界デビューのときに孤独で泣き続けたことがあったので、気持ちがわかり、確かに彼女に同情していた。

メソメソ泣き続ける令嬢は、過度に期待されて逃げ出したくなるほどなのだが、嫌われるかと思うと怖くてできないのだと、話し始めた。

ジュベリアンは、自分の父に対する思いと同じだと思う。

ジュベリアンは、目の前の噴水に小銭を投げて願い事をしてみてと言い、先ず自分から投げ、自身の平和な未来と、父と仲良く過ごすこと、マクスが無事帰ってくることを願った。

令嬢は、バカバカしいと思いつつも投げたら真ん中に入ったので、ジュベリアンが、貴女の願いは叶う、ささやかなことからも力を得るのだと言い、令嬢の気持ちを盛り上げた。

すると、ベロニカと騎士団が、大声でジュベリアンを捜していたので、ジュベリアンは、幸運を祈ると言い、令嬢のもとから去った。

令嬢は、帝国の第一皇女として母から厳しく教育されたので、ジュベリアンの優しさに頼ることができず、むしろジュベリアンを生意気だと思い、ハンカチを踏みつけるのだった。

漫画「お父さん、私この結婚イヤです!」最新話51話の感想

ジュベリアンは公女なので、騎士団の人数が多いですね。彼らが大声でジュベリアンの名を呼びながら、ウロウロしていたのでかなり目立ったのでは。

今回は、ジュベリアンが転生したことを知っているかのような人物が現れましたね。

ジュベリアンが自殺した後、彼女を大切に思う人の犠牲と話していましたが、レジスがタロットカードの『吊るされた男』のように、足首に縄を巻き逆さまになっている絵があったので、レジスが犠牲になったみたいですね。

もしかしてジュベリアンが転生したのは、レジスの犠牲と関係があるのでしょうか。

吊るされた男については、正位置なので悪い意味だけではなく、後で報われるものですね。

今回は生き残れますではなく、生き残れますようになので、やや心もとないことを言われてしまいましたが、そのせいか天敵であろう皇女ベアトリーチェに遭遇してしまいました。

ジュベリアンは皇女だと気づかず、とても優しく接し、ベアトリーチェも憎まれ口を言いつつ、ドキドキしていました。

ですが、いきなり考えを変えることはできないですよね。母を失望させるわけにはいかないので、むしろ心を揺らしてくるジュベリアンを邪魔者だと考えたようです。

ジュベリアンのハンカチを踏みつけていましたが、涙を流していたので、本心では違うのかなと思います。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください