漫画「入学傭兵」55話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」55話のネタバレ

妹とどういう関係なのかと、尋常でない威圧感を醸し出す壮馬。

032は慌てて、たまたま助けてもらっただけで、さっきもそうなのだと説明する。

ドキドキしながら032が沈黙する壮馬の様子をうかがっていると、壮馬はさきほどの戦いで荒れた店先の片づけを始めたので、032も一緒に片付け始め、006は無事なのかと尋ねる。

壮馬は、006を車ではねたことを思い出し、無事と言っていいのか悩むが、032には、001を殺そうとしたのだから生きていればいいと言い直す。

また、001が嘘をついたことがなく、キャンプを裏切っても自分たちを裏切ったわけではないから、006が生きているという言葉を信じられるそうだ。

地獄のような特訓で支えてくれた001が裏切ったのはキャンプだと、006が話していたとのこと。

壮馬は、キャンプを裏切ったとき、006含め数人が積極的に壮馬を追わなかったから生き残れたと話し、何人かは壮馬よりキャンプを嫌っていることがわかった。

006とはこちらからは連絡が取れないと言うと、032は、ただ生きていることだけ伝わればいい、任務で一緒だっただけだから006も自分に何の連絡もしなかっただろうと、032は俯きながら話すので、壮馬は、006は032を守るために痕跡を残さなかったのだと教える。

032は、キャンプ内で壮馬が生きているという情報は上位クラスの数人しかしらず、極秘扱いなのだが、032は006関連で知ることができたと言う。

壮馬はマッドドッグを思い浮かべる。

032はあちこちに形跡を残してからキャンプに戻ると言い、帰ろうとすると、建物の影からのぞき見している由利奈を見つける。

妹を見て笑顔を浮かべる壮馬に、032は驚きつつ挨拶していいかと尋ねると、めちゃくちゃ睨まれた。

032と別れると、由利奈が、二人の問題は解決したのか、先ほどのは何だったのかと尋ねる。

壮馬は、友人たちが由利奈のことを可愛いと言っていたことを思い出し、由利奈が可愛いから付き纏われてるようだったからと答え、彼女を固まらせた。

その夜、自室で脇腹の治療をしていた壮馬は、キャンプが自分の生存を隠していることについて考えていた。

一方032は、壮馬に妹がいたことについて考えながら、宿泊場所に戻った。

ドアを開けると物音が聞こえたので、032は咄嗟に銃を構える。

部屋の中にいたのは、キャンプの同僚であるエイデンだったのだが、エイデンは銃を降ろすように言い、裏切り者は見つかったのかと尋ねる。

032が適当に答え、何をしにきたのか尋ねると、エイデンは隠し持っていたナイフを持ち、032のわき腹に突き刺した。

エイデンは、キャンプの命令を無視したものを始末しにきたのだった。

漫画「入学傭兵」55話の感想

032は壮馬の睨みに怯えていましたが、自分を瞬殺できる相手からの殺気は尋常ではないでしょうね。

一応納得してもらえたようですし、誤解も解けたので良かったですね。

キャンプが組織のメンバーの心を掴みきれていないのが意外でした。

001、006などトップレベルのメンバーの気持ちが離れている時点で組織としてどうかと思いますが、壮馬が生き残っているところを見るとかなりのメンバーの気持ちが離れているようです。なんかそのまま弱体化しそうですね・・・

話がまとまりスッキリした032ですが、いきなり襲撃されてしまいました。032を追ってきたのですね。

壮馬のことはまだ気づかれてないようですが、006もこの辺りに立ち寄ったことがバレているだろうから、壮馬の居場所がバレるのも時間の問題です。

脇腹を刺されてしまいましたが、032は逃げることができるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください